ふらつきや耳鳴りも、更年期の女性が実感する更年期障害の症状のひとつで、多くの人が悩まされるもの。

更年期独特のふらつきや耳鳴りと、一般的なめまいとは、実は異なる症状だということに気づいていますか?

更年期のふらつきには、重篤な疾病が隠れている可能性もありますので、そのあたりの情報と自分でできる対処法や治療法を解説します。

更年期のふらつきや耳鳴りは、めまいとは厳密には異なる症状!

女性が感じる更年期障害の症状のひとつに、ふらつきや耳鳴り、めまいがありますが、厳密にいうとめまいとふらつきは異なる症状です。

めまいもふらつきも、症状が悪化すると立っていられなくなることもあり、症状を混合している人が多いので、簡単にその違いを紹介すると、

  • めまいとは、回転性のめまいのこと。
  • ふらつきとは、非回転性のめまいのこと。

疲労時や空腹時にフラフラとするのが、ふらつきのことです。

医学的なめまいとは、頭の中がグルグルと回って、天と地がひっくり返るような症状のことですので、こうやって明記するとその違いがよくわかるでしょう。

主に更年期障害で感じるのは、非回転性のめまいだと思いますので、多くの人が実感しているのはふらつきです。

ふらつきの症状がでている時には、フワフワと地に足がついていないような感覚になる人が多く、身体が左右に揺れる症状が出ることがほとんど。

一般的な回転性のめまいが30分ほどで落ち着くのに対し、非回転性のめまいであるふらつきは、症状の持続時間が長いという特徴も。

だから嘔吐感が強く出やすいということもあります。

更年期のふらつきやめまいは、平衡感覚障害が原因の場合も。

更年期にふらつきやめまいが起こるのは、なにも更年期障害の症状だけではありません。

加齢に伴い平衡感覚に障害が出ている場合にも、同様の症状が出ることがあります。

人間の平衡感覚を保っているのは、耳の奥にある内耳の三半規管

三半規管がジャイロセンサーのような状態を果たし、脳に身体の傾きの情報を送信し、それを元に脳が姿勢を平衡感覚を発揮しています。

三半規管で感じた信号が、

内耳の前庭(三半規管と耳石器)→前庭神経→脳幹→小脳→大脳

というルートを辿って、脳に届き、本来なら平衡感覚を維持するわけですが、この過程のどこかに問題が起こることで、平衡感覚に障害が出てしまいます。

そうなると、平衡感覚障害を発症し、ふらつきやめまいの原因に。

ふらつきやめまいを改善する基本的な対処法とは?

実際に耳鼻科でふらつきやめまいの障害を発症している人に、どのような薬を処方するのかを知ることで、その対処法を考えてみたいと思います。

ふらつきやめまいを解消するためには、

  • 血流を正常化する
  • 代謝を促進する

という2つのポイントが症状改善に役立つと考えられています。この治療薬に合わせ、吐きどめなどの副次的な症状を改善する薬が処方されます。

更年期障害の症状で、ふらつきやめまいが気になる場合でも、同様の処方を行なったり、同じような効果があることを生活に取り入れることが、自分でもできる対処法というわけ。

更年期障害の原因のひとつに、ホルモンバランスの悪化に伴う血流の悪化、そしてそれを改善することで症状緩和につながることもわかっていますので、一石二鳥。

個人的には、更年期障害のふらつきでも、ビタミンEによる血液サラサラ効果や、血管拡張効果による血流改善効果は非常によい対処法だと思います。

ふらつきや平衡感覚に異常が出る疾患とは?

更年期のふらつきや平衡感覚の異常は、更年期障害の症状というだけではなく、重篤な疾患が原因で引き起こされていることもあります。

一般的にふらつきや平衡感覚の異常が出る疾患には、

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • メニエール病
  • 起立性低血圧症
  • 自律神経失調症

などが隠れている可能性があると言われています。

どれも重篤な疾病ばかりですし、特に更年期という年齢では、身体のあちこちにガタが出てもおかしくないので、本当に注意しましょう。

日常生活で自分できるふらつきの対処法とは?

更年期の女性のふらつきや平衡感覚の異常は、重篤な疾病という場合もありますが、多くが更年期障害の影響によるもの。

日常生活で自分でもできる対処法としては、

  • バランスのよい食事を心がける
  • 規則正しい睡眠習慣で過ごし、質の高い睡眠を心がける
  • アルコールの摂取量はほとほどにする
  • 乗り物酔いの薬を持参し、ふらつきを予防する。

乗り物酔いの薬以外は、どれも更年期障害の症状を緩和する効果の期待できるものばかり。

更年期障害の症状緩和と、ふらつきや平衡感覚の異常も同じ対処法で症状の改善を行うことができますので、ぜひしっかり取り組んでみてください。

身体が元気なうちは、ふらつきや平衡感覚の異常が起こっても、ケガをすることは少ないですが、加齢に伴い、筋力低下やバランス感覚の低下により、ケガをすることもあります。

ふらつきや耳鳴りは、外傷のきっかけになることも理解して、少しでも症状を悪化させないように注意しましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

トコフェロンEナチュールのビタミンEが更年期障害に効果的?

薬日堂の天然ビタミンE配合の医薬品である、トコフェロンEナチュールのが更年期障害に効果的だと評判です。 実際にトコフェロンEナチュール…

攻撃的な性格や重度のイライラが女性の更年期障害の症状で多い?

更年期障害の症状の中でも、情緒不安定になり、急に攻撃的な性格や重度のイライラが収まらなくなる女性が増えます。 なぜ急に不機嫌になってし…

牛乳が女性の更年期障害の症状を緩和したり、予防するって本当?

更年期の女性が牛乳を積極的に飲むことで、更年期障害の症状を予防したり、改善したりする効果があると言われています。 実際に更年期の女性が…

更年期障害とパニック障害の関係性、症状が似ているけど違いは?

更年期障害とパニック障害は実際に感じる症状が似ていますが、深い関係性があるのでしょうか。 更年期の女性に多い、動悸や息切れ、突然の発作…

骨粗鬆症は更年期以降の女性に多い症状、大腿骨骨折の予防法は?

骨粗鬆症は更年期以降の女性に多い症状で、エストロゲンの減少をきっかけとする、更年期障害の症状のひとつ。 骨粗鬆症で最も注意すべきは、骨…

微熱も更年期障害の症状、でも病気が原因で発熱してるのかも。

微熱も更年期障害の症状ひとつなのを知っていますか? でも更年期の微熱や発熱が長期間続く場合は、病気が原因の可能性もあるんです。 …