腱鞘炎も更年期の女性に多い症状だということを知っていますか?

更年期障害と同じように、ホルモンバランスの悪化(エストロゲンの減少)が腱鞘炎の原因のひとつ。

エストロゲンの減少やホルモンバランスの変化が起こるタイミングでは、腱鞘炎の症状に悩む女性が急増しますので、注意が必要です。

腱鞘炎も更年期のエストロゲンの減少の影響を受けて発症する

更年期障害と腱鞘炎は無関係のように思われますが、実はエストロゲンの減少によるホルモンバランスの変化で、更年期になると腱鞘炎を発症する人が増えます。

これはすでに統計データでもわかっていることなので、更年期の年齢になると、使いすぎによる疲労の蓄積というよりも、エストロゲンの減少の影響の方が主な原因。

なぜエストロゲンの減少が腱鞘炎を誘発するのか?

それはエストロゲンが腱の柔軟性を保つ作用を担っているということに起因していますし、他にも腱細胞の増加や修復に役立っている可能性も指摘されています。

腱や腱鞘の柔軟性がなくなることで、これまではダメージを蓄積することがなかった家事でも、急に手足が痛くなったりすることに。

さらに腱細胞の増殖や回復が行われなければ、腱にダメージが蓄積され、腱鞘炎を起こしてしまうというのも納得できること。

だから更年期になったら、腱鞘炎が起こりやすい状態であるということを理解して、使いすぎないようにすることが重要です。

特にここ最近はPCをずっと使っていたりと、手や指を同じような形で酷使する事が多いので、そういった部分には、十分に注意するようにしましょう。

更年期の腱鞘炎では、ばね指やドゥケルヴァン病が増える

腱鞘炎と言っても、幾つかの種類があり、有名なものがばね指ドゥケルヴァン病、テニス肘などの症状。

腱鞘炎の定義は、腱と腱鞘の周りの組織に炎症が起こることが原因ですので、人間の身体の腱が存在する様々な部分で起こる可能性があります。

ばね指とは、手のひら側の指の付け根が痛み、指を伸ばす時に何か引っかかるような感じがある症状。

ドゥケルヴァン病とは、親指が他の指と比べると関節の可動域が大きいことが原因で、親指の付け根から手の甲にかけて痛む症状。

ドゥケルヴァン病は悪化すると、親指を握るだけで痛みが発生する程の症状になりますので、非常に注意が必要です。

特にばね指の症状に悩んでいる人に対して、女性が占める割合は80%ほどだと言われており、その平均年齢が50代だということを踏まえると、まさに更年期に多い腱鞘炎だということが分かります。

さらに関節リウマチや糖尿病、痛風などの慢性的に炎症状態の人が、ばね指を発症する可能性が高まりますので、そういった疾患のある人は要注意。

産後の女性もホルモンバランスが悪化し腱鞘炎が増える

これも知識として持っておくと良いと思いますが、産後の女性も腱鞘炎が急増する世代なんです。

女性は出産時に赤ちゃんが産道を通りやすいように、骨盤が開きますが、出産後は自然に閉じますよね?

あれは女性ホルモンのプロゲステロンの作用。

プロゲステロンには、妊娠&出産で緩んだ子宮や骨盤を元の状態に戻す効果があります。

だから産後の女性には、豊富なプロゲステロンが分泌され、全身の緩みを元の状態に戻すような状態になりますが、腱鞘に関しても同様に作用することに。

その結果、腱鞘が狭くなり、腱が炎症を起こしやすい状態になります。

さらに育児で手を使う機会が増え、同じような動作ばかりを繰り返すことで、腱鞘炎を発症することに。

言い換えれば、ホルモンバランスが悪化し、プロゲステロンが過剰に分泌されると、産後の女性以外でも、腱鞘炎になりやすい状態になってしまうということ。

更年期の女性は、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが悪化しているので、こういった部分の影響も受けている可能性があります。

腱鞘炎は使いすぎが原因なので、休めることが大切。

更年期の女性は腱鞘炎になりやすい状態であるということが、よくわかったと思いますが、更年期世代でも腱鞘炎にならない人もいます。

更年期で腱鞘炎になる人とならない人の違いのひとつに、やはり酷使していることや同じ動作ばかりを繰り返しているという事があります。

腱鞘炎の原因が家事だとしても、家事を全くをしない訳にはいかないですが、その方法を考える事はできますし、サポーターなどで腱や腱鞘へのダメージを抑制することは可能。

腱鞘炎の痛みがある中で、ごまかしながら作業を続けていると、腱鞘炎をかばって周りの筋肉に痛みを生じることもあるので、その点にも注意が必要です。

いずれにしても腱鞘炎は一度悪化させると回復させるまでには、時間がかかりますし、休息こそが最も効果的な解消法です。

だから使いすぎない、頑張り過ぎない・・・腱鞘炎がひどい時は方法を考えるなどの工夫も大切。

腱鞘炎のセルフケアは、休息と冷やすこと!

更年期障害の改善と言えば、温めることで血流を良くしましょうという事が多いですが、腱鞘炎は原因が異なるので、温めるのは間違い。

大切なことは、しっかり休息を取ること。

もし腱鞘炎の患部が熱を持っているようなら、氷水などで冷やすことです。

そして様子をみつつ、痛みが出るような動作を極力行わないようにしましょう。

ちなみに腱鞘炎が治るまでは、1〜3ヶ月ほどの期間が必要ですので、休息と冷却で一時的に症状が改善されたからと言って、また無理をするのは禁物です。

この段階で無理をすると、腱鞘炎が再発し、どんどん症状が悪化していくことになりますので、完治するまでは、かなり時間的に余裕を持って考えるようにしましょう。

また腱鞘炎にならないように、週に2〜3回の運動を行ったり、規則正しい生活習慣で過ごしたり、バランスの取れた食事や良質な睡眠など、ホルモンバランスの悪化を予防するようにしましょう。

そうすることで、エストロゲンの減少を最小限に抑えることができれば、腱鞘炎が起こりにくい状態になりますよ。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

尿もれや頻尿も更年期の女性に多い症状、その原因と対策とは?

尿もれや頻尿も更年期の女性に多い症状で、加齢とともにその頻度や症状が悪化することがわかっています。 実際に尿もれや頻尿が起こる原因を知…

肌荒れや乾燥、更年期障害で肌トラブルが急増する意外な原因は?

肌荒れや乾燥、更年期になると様々な肌トラブルを抱える女性が急増します。 エストロゲンの減少によるホルモンバランスの悪化が肌の状態を悪化…

ふらつきや耳鳴りも女性の更年期障害の症状、特徴や治療法は?

ふらつきや耳鳴りも、更年期の女性が実感する更年期障害の症状のひとつで、多くの人が悩まされるもの。 更年期独特のふらつきや耳鳴りと、一般…

QPコーワゴールドプラスは更年期障害の症状改善に効果的なの?

QPコーワゴールドプラスは、更年期障害の症状改善に効果的なのかどうか気になっていませんか? 実際にキューピーコーワゴールドα-プラスの…

中途覚醒の原因や症状、効果的な対策は?更年期の女性に多いの?

更年期の女性に増えている中途覚醒と呼ばれる睡眠障害ですが、実は女性だけではなく、60才以上の高齢者に多い症状だったんです、。 中途覚醒…

ウォーキングは女性の更年期障害の症状を緩和させる効果がある?

ウォーキングのような適度な運動を行うことが、女性の更年期障害の症状を緩和させる効果があると言われています。 実際にどのような改善効果が…