更年期障害は、女性も男性も辛いものなので、うまく乗り切るヒントを知ることで、日々の生活の質が変化します。

実際にどのようなことを意識して過ごすことが、更年期障害の症状を緩和したり、改善することに役立つのか?

更年期特有の症状を少しでもラクにして、うまく乗り切るためのヒントや方法をまとめて紹介しますので、参考にしてください。

更年期障害の主な原因と、男性と女性による症状の違いとは?

更年期障害とは、一般的には閉経をはさんだ前後5年に起こる様々な体調の変化や、症状のことなので、以前は女性のみに起こるものと考えられていました。

しかしここ数年で、女性だけでも、プレ更年期障害や若年性更年期障害などという、更年期障害に似た症状が起こる年齢が多様化し、ついに男性にも更年期障害を発症する人が。

男性更年期障害という男性ならではの原因で、男性でも更年期障害を発症する人がいる時代に。

ただ男性の場合は、女性のように卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少が原因ではありません。

しかし、更年期障害特有の症状が男性でも女性でも現れるということは知っておいた方が良いでしょう。

更年期障害では、ホルモンバランスの乱れや変化をきっかけに、自律神経のバランスが乱れ、体調不良になりやすくなります。

特に体温や心拍数などの調整がうまくできずに、風邪をひきやすくなったり、慢性疲労や不眠、イライラや不安感などの様々な症状が出ますし、個人差があるのでわかりにくいもの。

そこで男性の更年期障害と女性の更年期障害の主な特徴を簡単に紹介します。

女性の更年期障害の症状ときっかけとは?

女性は閉経が近づくと、徐々に卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少することで、更年期障害の症状を発症します。

特に閉経後のエストロゲンの急激な減少によって、更年期障害の症状が一時的に強くなりがち。

主な女性の更年期障害の症状は、

  • ほてりと発汗(ホットフラッシュ)
  • 手足や下半身の冷え
  • イライラや不安感
  • めまいやふらつき
  • 動悸や息切れ
  • 頭痛や疲労感
  • 不眠や憂鬱感

などの症状があります。

これらの原因が、エストロゲンの減少に伴う自律神経の乱れですので、女性なら誰しもに起こる症状です。

男性の更年期障害の症状ときっかけとは?

男性の更年期障害の原因は、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の減少。

女性のエストロゲンほど急激に減少しませんので、症状を感じにくい特徴がありますが、男性でも更年期障害を発症することはわかっています。

主な男性の更年期障害の症状は、

  • 手足や下半身の冷え
  • イライラや不安感
  • めまいやふらつき
  • 動悸や息切れ
  • 不眠や憂鬱感

これらの症状が一般的ですが、最も強く出る症状が、「疲労感や倦怠感

なかなか疲れが取れず、体力が低下したのか?と思っているかもしれませんが、それが男性更年期障害の症状で顕著なもの。

それにあわせて、テストステロンの低下で仕事や趣味などに対して、意欲ややる気がなくなる人もいますので、活力低下も気をつけるべき点です。

性欲の低下やED(勃起障害)も男性特有の更年期障害の症状だと知っておきましょう。

更年期障害を乗り切る方法やヒントを簡単に紹介!

このように男性でも女性でも更年期障害の症状を発症し、それにより生活の質の低下や健康上の問題が起こり得るということはよくわかったと思います。

では実際にどのようなことを意識して過ごすことで、更年期障害を乗り切ることができるのか?

より症状を悪化させないためにも、更年期障害を乗り切るヒントや方法を簡単に紹介します。

ストレスの解消で更年期障害を乗り切る

人間の身体がストレスを受けると、様々なストレスホルモンを分泌し、それが様々な体調不良の原因になります。

特に循環器系や呼吸器系、消化器系や免疫系に作用する為に、動悸や息切れ、疲労感や食欲を招き、更年期障害を悪化させる原因に。

ストレスホルモンの影響は、エストロゲンやテストステロンの分泌量にも影響し、それが原因で老化が早まることも。

特に更年期はストレスを感じやすい年代でもありますので、それを意識的に改善する事が必要です。

更年期の女性に多いストレスとは?

  • 子供の受験や就職、結婚などの問題
  • 夫婦で過ごす時間が長くなり、旦那さんとの関係
  • 閉経に伴う女性性の喪失感

更年期の男性に多いストレスとは?

  • 仕事上の役職や責任、リストラなどの問題
  • 家庭内離婚など、家庭内の問題
  • 男性性の喪失感

他にも親の介護や自分たちの老後の問題などに直面し、これから先の人生設計をどうするべきなのかに悩む時期でもあります。

人生の不安を感じることも大切ですが、それよりもどんな人生を過ごすことができるのか?これから先の人生をどうするのかを選ぶこともできる時期。

そういった意味で、新しいことにチャレンジしたり、やりたかったことに挑戦したりしながら、お互いに尊重したりするなど、夫婦の関係を見直す良い時期でもあります。

生活の改善で更年期障害を乗り切る

生活習慣が乱れると、更年期障害の症状が悪化したり、老化を早めることにも繋がります。

特に睡眠不足や運動不足は、更年期障害にも大きな影響を与える要因。

不眠が続くと、肉体的にも精神的にもドンドン健康状態が悪化し、自律神経失調症やうつ病のきっかけになることも。

特に夜更かしがちな夜型の人の場合には、朝方の生活に切り替えることで、更年期障害の症状が改善したり、緩和したりしますので、まずは早起きから始めてください。

また運動不足の解消には、30分程度のウォーキングで十分なので、身体を動かす習慣をつけるうにしましょう。

仕事が忙しい時には、人駅手前で降りて家まで歩くのも、運動不足を解消する方法のひとつ。

ウォーキングのような有酸素運動を行うと、血液循環も改善されたり、ストレス発散にも役立つ効果がありますので、ぜひ生活に取り入れるようにしましょう。

食事の改善で更年期障害を乗り切る

更年期になると食習慣が慢性化し、ほぼ同じものばかり食べて過ごす人が増えることで、健康に必要な栄養素をしっかり吸収できていないことも。

更年期は、高血圧や糖尿病などの疾病にかかりやすい時期でもあるので、そういった病気を予防するような栄養素や食材を食べることも大切。

女性は大豆製品や植物性のイソフラボンを摂取することで、骨量を増やしたり、将来的な骨粗しょう症の予防にも役立つので、積極的にカルシウムに合わせて摂取しましょう。

男性は亜鉛の摂取が大切。牡蠣や海藻類、ナッツ類やレバーを食べる機会を増やし、亜鉛の吸収率を高めるビタミンCも同時接種するようにしましょう。

食生活も旬のもの、新鮮なものを自宅で調理して食べるのが効果的。

そうすることで、様々な食材や栄養素をしっかり摂取することができますので、同じものばかりを食べるのではなく、様々なものを選ぶようにしましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

ワキガや脇汗も更年期障害の症状、突然の多汗症に悩む女性も?

更年期になった途端に、突然に脇汗の量が増え、ワキガになったかもと不安になる女性が増えます。 実は更年期の多汗症や脇の臭いの変化も、更年…

更年期にカルシウム不足の女性が増え、骨粗しょう症のリスクが!

更年期障害を発症している多くの女性がかなりのカルシウム不足の状態で、骨粗しょう症予備軍だということを理解していますか。 更年期こそカル…

便秘や下痢も更年期障害で女性に多い症状、予防と解消法を解説!

便秘や下痢などの排便異常も、更年期の女性に多い更年期障害の症状のひとつです。 なぜ更年期になると、便秘や下痢の症状が増えるのか、その原…

吹き出物やニキビが更年期の女性に増加する原因と対策法は?

更年期の女性には、吹き出物やニキビが急に増加し、その症状に悩まされる人が最近増えているようです。 思春期のようにニキビができやすい年齢…

うつ病や不安感の症状も更年期障害で起こる、原因と対処法は?

更年期障害で起こる不安感やホルモンバランスの悪化が原因で、自律神経失調症やうつ病などを発症してしまう人がいます。 一度うつ病になると、…

更年期のむくみは女性に多い症状、更年期障害が原因で発症する!

更年期の女性には、手足のむくみに悩む人が増えますが、効果的な対策はあるのでしょうか。 更年期障害が原因で発症するむくみの情報、役立つ解…