女性の更年期障害の症状を改善する為に、ホルモン補充療法で治療を行う婦人科も増えています。

ホルモン補充療法には、更年期障害の症状改善効果があると言われていますが、副作用や注意点も問題になっています。

実際にどのような治療法で、女性に本当に効果的なのか、気になる情報をまとめて紹介します。

更年期障害の治療法であるホルモン補充療法とは?

女性が更年期障害を発症する一番の理由は、卵巣機能の低下による女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の減少。

更年期になるとエストロゲンの分泌量が急激に減少することで、自律神経のバランスにも影響し、様々な症状を実感する為に、エストロゲンを補充するホルモン補充療法を行う婦人科も増えています。

確かにエストロゲンは、子宮や卵巣などの生殖機能以外である脳や中枢神経神経機能、心血管系機能、皮膚や骨代謝など様々な機能を維持する効果があります。

だから閉経後の女性の急激な老化や疾病リスクの上昇など、様々な問題を招くことに。

その原因であるエストロゲンさえ補充すれば、更年期障害の症状も緩和し、これらのリスクも抑制できると考えられていますが、実は副作用や治療時の注意点があることもわかっています。

では実際にどのような副作用が起こり得るのか、また気をつけるべき注意点についても簡単に紹介します。

ホルモン補充療法は不正出血のリスクを高める

ホルモン補充療法の代表的な副作用が、不正出血です。

ただ女性ホルモン本来の作用により起こる不正出血ですので、身体に悪影響があるというわけではありません。

ただ出血量やタイミングなどには、注意をする必要がありますので、ナプキンやタンポンなどの生理用品は、更年期なら必ず持ち歩くようにしましょう。

ホルモン補充療法で、乳房のハリや下腹部の痛みを感じる

更年期障害の治療法として、ホルモン補充療法を始めたばかりの人に多いのが、乳房のハリや下腹部の痛みという症状。

これらの症状はエストロゲンの作用によるもので、身体がホルモン補充療法に慣れてくると症状は自然と収まってきます。

また医師と相談して、投薬回数や使用量を調整することでも症状改善できますので、気になる方は早めに相談するようにしましょう。

ホルモン補充療法で子宮ガンのリスク上昇

ホルモン補充療法で最も注意しなければならないのが、この子宮ガンのリスク上昇です。

エストロゲンのみを長期投与することで、子宮内膜が増殖して子宮体がんのリスクが上昇することがわかっています。

子宮が残っている場合には、エストロゲンにプロゲステロン(黄体ホルモン)を併用投与することで、ホルモンバランスが正常化し、子宮体がんのリスクを抑制できます。

ただエストロゲンだけの処方でも、3ヶ月以内という短期間であれば、そこまで影響が出ないと考えられています。

ホルモン補充療法で胃がムカムカしたり、むくみやすくなる

ホルモン補充療法を行うと、胃がムカムカしたり、むくみやすくなる人もいますが、これらの症状なら、自分でも副作用を抑えることもできます。

処方薬を飲む際に半分に割って飲んだり、ジェルを塗る量を半分にしたりすることで、薬の影響を半減させることで、副作用が出にくい状態になるでしょう。

ただ医師に相談して行うことが好ましいので、自己判断だけで調整をすることなく、用法用量を守りつつ、副作用を軽減できる方法を実践するようにしましょう。

ホルモン補充療法には、乳がんのリスクがある

更年期障害の治療でホルモン補充療法をすると、乳がんのリスクが高まると数年前に話題になりましたが、最近の研究では、そのようなことがないと考えられています。

ただ乳がんのリスクについては、現在も研究されていることなので、最終的な答えが出ていない状態。

元々、海外のメディアがホルモン補充療法を行うと、乳がんの危険性が高いと報じたことをきっかけに、世界的に注目されている副作用のひとつです。

日本で行われた研究としては、2004〜2005年に過去10年間に乳がんの手術を受けた45〜69歳の女性と、乳がんではない同年代の女性の対比データがあります。

実際の研究結果は、

  • 乳がんの手術を受けたグループ→ホルモン補充療法の経験者は5%
  • 乳がんではないグループ→ホルモン補充療法の経験者は11%

この研究でわかったことは、ホルモン補充療法は乳がんのリスクを軽減させるかもしれないということ。

ただ最終的な研究結果として、ホルモン補充療法が乳がんのリスクを軽減させるかは、まだ明確に放っていない部分です。

あくまでも、乳がんのリスクを上昇させることに直結しないということだけは言える。と理解するのが良いでしょう。

乳がんのリスクを上昇させる要因とは?

ちなみに乳がんのリスクを上昇させる要因には、

  • 乳腺の病気の既往歴があると→3.67倍
  • 乳がんになった家族がいる→2.1倍
  • 初産が35歳以上だった→2.26倍
  • 出産経験がない→1.56倍

ということの方が、乳がんのリスクが高いことがわかっていますので、もしも気になるようなら、家族の状況やご自身の状況を考えてみてください。

ちなみに閉経後にエストロゲンとプロゲステロンを併用したHRT(ホルモン補充療法)を行った場合には、1.2〜1.4倍程度と考えられています。

女性の更年期障害の治療法として、ホルモン補充療法を行うことは、多少の副作用や注意点はあるのものの、医師と相談しながら行うことで、ある程度カバーできます。

しかし全くリスクがない話でもありませんし、副作用に悩んでいる人もいますので、しっかり考えて行うことが必要。

ただ更年期障害の治療にホルモン補充療法ができない人もいますので、最後にどんな人がホルモン補充療法を受けることができないのかを紹介します。

ホルモン補充療法ができない人の特徴とは?

ホルモン補充療法を受けることができない人は、過去に静脈血栓や塞栓症を発症したことがある人、動脈硬化の症状が進行している人、糖尿病や肝機能障害を発症している人です。

これらの疾患がある人が、エストロゲンを補充することで、コレステロール値が上昇したり、血液を固めて血圧を上昇させる物質が過剰分泌される可能性が。

その結果、高血圧や脳卒中、静脈血栓などの別の疾患を誘発するリスクが高まると考えられています。

乳がんや子宮体がんなどの婦人科系疾患の既往歴がある人も禁忌です。

他にも乳腺症や高血圧の薬を服用している人、肝臓病や甲状腺機能障害のある人、子宮筋腫や子宮内膜症の治療中の人も、ホルモン補充療法を慎重にすすめる必要があると考えられていますので、注意しましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

エクオールが女性の更年期障害の症状改善に効果的なのは本当?

エクオールという大豆イソフラボンの一部の成分が、女性の更年期障害の症状改善に効果的だと話題になっていますが、本当なのでしょうか? 気に…

更年期脂肪漢方薬、ビスラットゴールドは効果的な肥満対策なの?

更年期脂肪という言葉を知っていますか?元々は、小林製薬がビスラットゴールドという商品を販売する為に作った言葉。 更年期の女性に多い余分…

いつまで更年期障害の症状が続くのかという疑問には答えがない!

いつまで更年期障害の症状が続くのか?と疑問に感じている人がいますが、実は明確な答えがないなんです。 更年期障害で起こる様々な不調には個…

自律神経が更年期になると乱れやすい原因と対処方法を紹介。

更年期になると自律神経が乱れやすいのには、女性ならではの原因があるんです。 実際にどのようなことが原因で、自律神経が乱れ、様々な不調や…

血液検査(女性ホルモン検査)で更年期障害の状態がわかるの?

更年期障害の状態を調べるために行う血液検査(女性ホルモン検査)で、実際に何が分かるのかを解説します。 更年期の不調を感じて病院に行くと…

逆流性食道炎も更年期に多い症状のひとつ、原因はストレスかも?

逆流性食道炎も、更年期の世代に多い症状のひとつだということを知っていますか? 逆流性食道炎の原因は、ストレスや食生活によるものの影響を…