肌荒れや乾燥、更年期になると様々な肌トラブルを抱える女性が急増します。

エストロゲンの減少によるホルモンバランスの悪化が肌の状態を悪化させ、肌質にも大きな変化が。

更年期の肌トラブルは、顔だけではなく全身に広がることもあるので、早めの対策が必要です。

更年期障害で肌荒れが増えるのは、エストロゲンの減少!

更年期障害の症状でも女性にとって、美容面での非常に大きな問題が肌荒れです。

肌荒れと言っても、乾燥・かゆみ・赤み・シミ・そばかす・しわ・くすみなど様々な肌トラブルが発生し、どんどん肌質が悪化していきます。

その原因が女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの減少。

エストロゲンは、女性の肌を様々な効果で守っている非常に大切な成分だということは、あなたも知っていると思いますが・・・

  • 潤いある肌に必要な保水力
  • 真皮層でのコラーゲン生成
  • シワやたるみの予防

エストロゲンがしっかり分泌されることで、健康な肌の状態が維持できます。

そこに拍車をかけるのが、プロゲステロンの減少。

プロゲステロンにも、肌を守る重要な要素があり、それが皮脂の分泌に関するものです。

プロゲステロンが減少することで、皮脂分泌量も減少し、肌の脂分の不足がきっかけになって、肌の角質層のバリア機能が急激に低下し始めます。

保水力も脂分もない肌は表面が乾燥して、赤みやかゆみ、かぶれなど様々な肌トラブルのきっかけに。

更年期の女性の肌は、敏感肌や乾燥肌に変化

バリア機能がない肌の状態は、まさに敏感肌や乾燥肌のようなもの。

だから紫外線の影響で肌ダメージはどんどん蓄積されてしまうし、ちょっとした刺激でもダメージの蓄積や肌荒れの原因になります。

早期に改善しないと、敏感肌や乾燥肌の状態がどんどん悪化して、シミやシワになったり、メイクでも隠せない様なひどい肌荒れになってしまうことも。

肌荒れは顔だけにとどまらず、全身の皮膚で起こりますので、乾燥感がひどくなると肌のかゆみで夜も寝付けなかったり、かゆくて起こされたりすることもあります。

そんな状態まで悪化すると、どんどん悪い方向に進んで、向け出せないサイクルに突入してしまいますので、とにかく初期の対応が大事。

では実際にどんな対策を行うのが効果的なのかを、紹介していきますので、できることから実践してくださいね。

とにかく保湿ケアを徹底する

これは最も大事なことです。

更年期障害で起こる肌荒れのきっかけは、エストロゲンの減少による肌の保水力の減少、そこにプロゲステロンの減少で、皮脂分泌量が減ることがきっかけ。

だとすれば、肌を乾燥や脂分不足から守ってあげることが先決です。

その為にも保湿ケアを徹底します。これは顔だけではなく、風呂上がりには全身にボディーミルクやローションなどをしっかり塗り込みます。

プチプラコスメで人気のニベアの青缶でも良いので、しっかり水分も脂分も肌に閉じ込めて、乾燥を防ぐ事が大事。

また入浴時に使う洗顔やボディーソープは、低刺激なものに変えて、優しく洗うことも心がけましょう。

ゴシゴシとこすり洗いをしたり、スクラブやメンソールなどの刺激成分が配合されているものを使うのは逆効果。

紫外線対策やUVケアを徹底する

肌のバリア機能の弱っている乾燥肌は、普通肌や脂性肌に比べると、紫外線によるダメージを受けやすいんです。

紫外線による肌へダメージと言えば、コラーゲンやエラスチンの破壊、メラニン色素の分泌によるシミやそばかすの発生。

おばさんの様な肌に変わってしまうんです。

だから外出時だけではなく、家で家事を行っている時間でも紫外線対策を心がけることが基本。

外出時には、日焼け止め、日傘、手袋・・・出来る限りの紫外線対策を行いましょう。特に紫外線はゴールデンウィークから夏にかけて非常に強い状態になります。

忘れがちですが、曇りの日でも紫外線は降り注いでいるので、太陽が出ていないから大丈夫と思わないことが基本。

紫外線による光老化は、シワの原因の8割を占めていますので、コラーゲンやエラスチンをしっかり守って、肌の弾力やハリを失わないようにしましょう。

睡眠時間を確保して肌の再生を邪魔しない。

22時〜2時はお肌のゴールデンタイムと言われるくらい、睡眠時間と肌の関係は非常に大切なもの。

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌量や質が低下して、肌の再生が進まずにどんどん症状が悪化する原因に。

更年期になると、ターンオーバーも若い頃のように28日周期ではなく、40日や50日周期に伸びています。

ターンオーバーが正常に行われないことで、弱い肌が表面に出てくれば、より刺激を受けやすい状態になるので、どんどん状況が悪化します。

そうならないように、睡眠時間を確保することを意識しましょう。

もしかゆみがひどくて、寝付けなかったり夜起きてしまう場合には、皮膚科で薬を処方してもらうのも方法のひとつ。

しっかり保湿ケアを行っても、かゆみが収まらない場合には、かゆみ止めの活用も考えておきましょう。

とにかく更年期になると、肌荒れや肌トラブルを引き起こす環境が整ってしまいますので、それを悪化させないようなケアを日常的に行っておくことが基本です。

エイジングケアや美容成分の中にも、年齢肌に効果的なものをありますので、ぜひスキンケアに取り入れて、少しでも肌トラブルを悪化させないようにしましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

物忘れも更年期障害の症状、認知症との関係や効果的な対策は?

更年期になって物忘れが酷くなり、不安になる女性が増加中なのを知っていますか? 物忘れや記憶力低下が認知症に関係性がある症状なのではない…

更年期のむくみは女性に多い症状、更年期障害が原因で発症する!

更年期の女性には、手足のむくみに悩む人が増えますが、効果的な対策はあるのでしょうか。 更年期障害が原因で発症するむくみの情報、役立つ解…

首が痛いのも女性の更年期障害で多い症状、原因と治療法とは?

首が痛いのも、日本人女性の更年期障害で多い症状のひとつだということを理解していますか。 なぜ更年期になると、首が痛い女性が増えるのか?…

抜け毛や薄毛も更年期障害の症状、原因と効果的な対策法とは?

抜け毛や薄毛も更年期の女性に多い症状のひとつです。 更年期障害の抜け毛の原因を知ることで、効果的な対策法を実践することが可能に。 …

坐骨神経痛も更年期障害が原因で女性に増える症状のひとつ。

更年期の女性には、坐骨神経痛の症状を発症する人が増えますが、更年期障害との関係性はどうなのでしょうか? 慢性腰痛の症状を持っている人は…

便秘や下痢も更年期障害で女性に多い症状、予防と解消法を解説!

便秘や下痢などの排便異常も、更年期の女性に多い更年期障害の症状のひとつです。 なぜ更年期になると、便秘や下痢の症状が増えるのか、その原…