更年期の女性に増えている中途覚醒と呼ばれる睡眠障害ですが、実は女性だけではなく、60才以上の高齢者に多い症状だったんです、。

中途覚醒の原因や実際に起こる症状、そこから考えられる効果的な対策や改善策には、どのようなものがあるのでしょうか。

更年期の女性ならではの原因もありますので、夜中に頻繁に目が覚めて眠れない人は必見の内容です。

中途覚醒の原因と一般的な定義。日本人の割合は?

睡眠障害にも幾つかの種類があり、寝付きの悪い入眠障害、夜中に目覚める中途覚醒、熟睡できない不眠症など、様々な状態がありますが、中途覚醒は成人以降に増える症状。

実際に日本では成人の15%ほどが中途覚醒の症状を経験していると言われ、60代以降の高齢者になると20%以上がその症状に悩まされているほど、一般的な睡眠障害の症状です。

中途覚醒は主に睡眠の浅いレム睡眠のタイミングで起こることがわかっていますが、レム睡眠とノンレム睡眠は90分のサイクルで繰り返し行われますので、ひどい人だとその度に目覚めることも。

ただすべての中途覚醒に問題があるということではなく、中途覚醒の症状があっても問題がない人もいますので、そのあたりについても後ほど紹介します。

中途覚醒の原因は主に3つ

  • ストレス等による自律神経の悪化による中途覚醒
  • 夜間頻尿による中途覚醒
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)による中途覚醒

これらの原因は、特に中高年以降に増える傾向がありますので、更年期のタイミングでは、女性でも中途覚醒に悩まされるようになります。

では実際にどのようなこと症状なのか、ひとつずつ紹介します。

ストレス等による自律神経の悪化による中途覚醒とは?

更年期の女性の自律神経のバランスが乱れることで、更年期障害の様々な症状を実感することになりますよね?

ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、多汗、イライラ、不安・・・これらの症状が強い人ほど、睡眠障害を強く実感しやすい傾向があります。

まずこれらの自律神経のバランス悪化の影響を受け、入眠障害の症状を感じ寝付きが悪くなります。

そしてようやく根付いたかと思えば、今度は中途覚醒で目覚めてしまい、また寝付けない状態に。

自律神経は本来、交感神経(活動モード)と副交感神経(休息モード)がバランスよく繰り返され、睡眠時には、副交感神経が優位になっているはずです。

しかし更年期ならではの症状やストレスが原因で、睡眠時に交感神経が優位になることがあり、それがレム睡眠のタイミングに重なると、中途覚醒の症状につながることに。

自律神経のバランスの悪化には、ホルモンバランスの悪化だけが原因ではなく、慢性的なストレス、睡眠前の辛い食事、ニコチン、カフェイン、アルコールなども影響します。

中途覚醒の傾向がある人は、睡眠前にできるだけリラックスをして、これらの要因を排除することが大切です。

夜間頻尿による中途覚醒とは?

夜間頻尿とは、寝付きは良いものの夜中に何度もトイレに目覚めてしまう様な状態のこと。

これは膀胱の筋力が加齢とともに弱まることで、普段より少ない量でも尿意を感じてしまうことで起こる症状です。

睡眠前に過度のアルコールや大量の水分を摂取するような生活習慣を送っている人にも、多い症状のひとつ。

特に40代以降は夜間頻尿の割合が増え、男性だけではなく、比較的尿意を我慢できる女性にも夜間頻尿に悩まされる人が増えてきます。

夜間頻尿には、単なる尿意だけの場合と、高血圧や腎機能障害などの病気が原因で引き起こされるものがあるので、あまりにも症状が多い人は病院での診察を受けたほうが良いことも。

トイレに目覚めてもすぐに寝れればよいのですが、中途覚醒の症状+入眠障害のように寝付きが悪い人もいます。

この場合、睡眠の質はどんどん悪化し、睡眠時間も削られることで、心身ともに疲労を回復させることができなくなり、日常生活に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)による中途覚醒とは?

最近何かと問題になる睡眠時無呼吸症候群が原因で、夜中に中途覚醒が起こることもあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に10秒以上も呼吸が止まってしまう症状で、日本の洗剤患者数は300万人とも言われる症状。

睡眠中に全身の筋肉がリラックスすることで、舌や喉の筋肉も弛緩し、落ち込むことで気道を狭くし、空気が振動することでいびきの症状になります。

そのいびきが一定レベルを超えると、呼吸が一時的に止まってしまい、睡眠が中断されたり、睡眠の質が低下し、翌朝に疲れが残ったり気だるさを感じるなど不快な症状を発症することに。

実は男女ともに60才以上になると、半数以上の人が1晩に1回はいびきをかくようになりますので、男性だけではなく、女性にも起こり得る症状です

夜中のいびき=健康に問題があるということではなく、それが原因で日中に耐えられないような睡魔に襲われる用になることが問題。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、肥満体型、あごが小さいなど気道が狭くなりやすい状態の人に起こりやすい症状なので、当てはまるひとは注意しましょう。

問題のない中途覚醒と問題のある中途覚醒の違いとは?

夜中に目覚める中途覚醒のすべてが実は問題があるということではなく、中途覚醒により日常生活に影響が出ることが問題。

なので、夜間頻尿でもすぐに寝付ける様な人で、翌日に全く影響がないような人は、そこまで心配することはありません。

すこし具体的にどんなことが当てはまるのかを紹介します・

問題のない中途とは?

  • 夜中に目覚めても、すぐに眠りにつける
  • 中途覚醒はあるけど、昼間に眠くならないし、特に困っていない

このような中途覚醒の人であれば、特に日常生活にも影響がありませんので、特に気にすることはないでしょう。

問題のある中途覚醒とは?

  • 夜中に目覚めると、なかなか寝付けない
  • 中途覚醒の状態を一定期間、繰り返している
  • 中途覚醒により、不眠に悩んでいたり、生活に支障が出ている

このような中途覚醒の場合には、不眠症につながることもありますので、治療も考えた方が良い中途覚醒。

一般的な中途覚醒の期間としては、米国睡眠医学会の定義だと、「週に3回以上、3ヶ月以上持続する状態」とされていますので、それを目安に考えましょう。

中途覚醒だからと気にするとさらに症状が悪化する

中途覚醒の症状のすべてが問題ではない。といことがわかったと思います。

中途覚醒の症状があるというのは仕方のないことですが、中途覚醒に悩み、そのことばかり考えていては、余計に自律神経の高ぶりに繋がり、より中途覚醒が起こりやすい状態に。

そうならないように中途覚醒の、リラックスタイムを設け、副交感神経を優位にするようにしましょう。

特に寝る1時間以上前にぬるま湯で半身浴したり、音楽を聞いたり、マヌカハニーを混ぜたホットミルクを飲んだり、様々なリラックス法を試してみると良いでしょう。

それと更年期障害の症状が強く出ている時には、入眠障害や中途覚醒の症状が’起こりやすいと言われていますので、その間は割り切って過ごすのも良いかもしれません。

いずれにしても、中途覚醒は60代になれば2割ほどの人が実感している一般的な症状ですので、そこまで気にせずに付き合っていきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

冷えが更年期障害の症状を悪化、女性に役立つ対策や改善方法は?

更年期の女性に多い手足などの身体の末端部分の冷えが、更年期障害の症状を悪化させます。 元々、冷え性の体質の人が多い女性が、更年期の冷え…

動悸・息切れも更年期障害の症状、原因と対策方法を解説します!

更年期の年齢になると、更年期障害の症状のひとつに動悸や息切れを感じることもあります。 更年期に起こる動悸や息切れの原因や対策方法を紹介…

大豆イソフラボンは女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分!

大豆イソフラボンは、女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分だと言われますが、摂取時の注意点などはないのでしょうか。 実際に大豆イソフ…

アロマテラピーは更年期の不調に効果的で気軽にセルフケアできる

精油やアロマオイルを使用したアロマテラピーが、更年期障害や更年期の不調に効果的で、気軽にセルフケアできると話題です。 自然療法としても…

首の痛みも更年期の女性に多い症状、血行不良や病気が原因かも?

更年期の女性には、首の痛みに悩まされている人も多く、それが原因で頭痛や肩こり、背中の痛みなどの症状を実感することに。 特に女性の場合、…

更年期障害とパニック障害の関係性、症状が似ているけど違いは?

更年期障害とパニック障害は実際に感じる症状が似ていますが、深い関係性があるのでしょうか。 更年期の女性に多い、動悸や息切れ、突然の発作…