更年期の女性に多い手足などの身体の末端部分の冷えが、更年期障害の症状を悪化させます。

元々、冷え性の体質の人が多い女性が、更年期の冷えを悪化させない方法や対策、改善方法とは?

更年期の女性の冷えの特徴や、更年期障害への影響を解説しますので、参考にしてください。

冷えが女性の更年期障害の症状を悪化させる!

更年期障害に悩んでいる女性の体内では、すでに女性ホルモンのエストロゲンが減少し、その影響で脳の視床下部の自律神経を調整する機能に乱れが出ています。

この自律神経の乱れが、全身の体温調整機能を正確に動かせなくするきっかけのひとつ。

男性に比べると血管が細い女性の場合、更年期障害のひとつに手足などの末端冷え性を発症します。

更年期の冷えの特徴のひとつに、手足は冷えているのに、ほてりやのぼせを感じたり、急に顔が熱くなって大量の汗をかくなど、ホットフラッシュを発症します。

ホットフラッシュが起こっている身体の中では、実は芯の部分が冷えており、血流が上半身を中心に流れるようになり、ホットフラッシュやほてりやのぼせの症状が悪化。

人間の身体は冷えると、生命維持のために重要な臓器が集中する上半身に集中し、下半身や指先などへの血流が弱まります。

この繰り返しで、更年期特有の冷えのぼせと呼ばれるような症状も実感。

冷えのぼせとは、手足は冷えているのに顔が火照っている状態や、下半身が冷えているのに上半身が暑いと感じる状態です。

冷えのぼせだけではなく、冷えむくみという症状も起こります。

冷えむくみとは、冷えの影響で血行が悪化し、その影響でリンパが滞留してむくみを併発している様な状態。

いずれにしても、これからの原因は冷えなので、その状態を改善しないことには、症状の改善が出来ません。

更年期の女性の冷えにはストレスが原因のものもある

更年期の女性の冷えの原因は、女性ホルモンのエストロゲンの減少と、過度なストレスと言われています。

ストレスでなぜ女性の冷えが悪化するのか?

強いストレスを感じている人の体内では、身体が緊張状態になり、筋肉も緊張しグッと力が入っている状態です。

全身の血管が男性に比べると細い女性が、慢性的なストレス状態にあると、血管は常に筋肉で締め付けられている状態になり、血流がどんどん悪化します。

その結果、手足への血流が悪化して、温かい血液が届きにくい状況になり、冷えを誘発して悪化させます。

女性の血管の細さも、更年期の女性が冷えに悩みやすいという特徴的な部分。

冷え性になりやすい女性だからこそ、十分に注意して対処していくことが必要なんです。

更年期の女性に効果的な冷え性の改善方法とは?

では実際にどのようなことに気をつけて生活することで、更年期特有の冷えを予防、改善することができるのか。

更年期だけではなく、冷え性に悩んでいる女性なら知っておくべき情報を紹介します。

僅かなことを意識して生活するだけでも、冷え予防や冷え性対策には、十分に役立つ効果が期待できますので、できることから実践してみてください。

湯船への全身浴や半身浴、足湯で体を温めよう!

冷え性対策で最も効果的なことは、身体を冷やさないことです。

いつもはシャワーだけで過ごす人も、全身浴や半身浴を行うようにしてみてはいかがでしょうか?

半身浴なら、15分以上40度前後のお湯に浸かるだけでどんどん汗が出てきますし、代謝も体温も上がり、デトックス効果も期待できます。

そんな時間がもったいないし、ドラマやTVを見たいという人には、足湯がおすすめ。

両足が入り、くるぶしが浸かるサイズの容器に熱めのお湯を入れて約20分、途中で冷めたら冷ましたポットのお湯を追加すればOK。

湯船や足湯を行う際に、血行促進効果が期待できるイランイランやジュニパーベリーなどの精油を入れると効果が高まります。

入浴後は靴下を履いたりして、身体を冷やさないようにして寝るようにしましょう。

適度な運動を行って、全身の血流を促進する

ストレスによる筋肉の緊張状態で血流が悪化するなら、適度な運動を行うことで血流を促進することもできます。

運動はストレス発散にも役立つので、一石二鳥。

筋肉が動いたり、鍛えられることで筋肉の持っているポンプ機能が高まり、血行が促進されます。

ハードな運動は必要ないので、週に3回ほど30分以上のウォーキングを行うだけでも十分です。

運動をして身体を動かせば、お腹も空くし、夜も熟睡できるようになりますので、体力の回復やアップにも役立ちます。

身体を冷やさない食生活を意識する

夏が旬の食べ物を食べたり、白砂糖を大量に使用したお菓子やスイーツばかり食べていると、身体の芯からどんどん冷えていきます。

また飲み物を飲む際にも冷たいものよりは、常温や温かいものを選ぶことで、体温の低下を防ぐ事ができます。

逆に冬が旬の食べ物(白菜やカリフラワー、春菊)や赤みの肉や魚、人参やさつまいもなどの根菜類や、カプサイシン豊富なキムチなどは身体を温めてくれます。

食生活を意識することでも、冷え性対策につながりますので、夏の食材よりも冬の食材、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を選ぶようにしましょう。

ビタミンEの末端の血管拡張作用も活用する

ビタミンEのには、末端の血管を拡張したり、血流を改善する効果があることがわかっています。

しかしビタミンEを食材から効率的に摂取するのは難しく、大量に摂取するには、サプリメントや医薬品を選ぶ必要があります。

その際に大事なのは、天然ビタミンEなのかどうかという点。

天然ビタミンE以外は、吸収率も低く、実際の効果も低いことがわかっていますので、あまり効果的ではありません。

同じような値段を払うのなら、天然ビタミンEをしっかり含有している医薬品である薬日堂のトコフェロンEナチュールがおすすめ。

初月980円でお試しすることができ、300mgの天然ビタミンEと自律神経の安定作用のあるγ-オリザノールを10㎎を1粒で摂取できます。

ここまで高濃度で天然ビタミンEを摂取できることで、末端冷え性の改善に役立つ効果が期待できますので、冷えに悩んでいる人は是非チェックしてみることをおすすめします。

更年期の女性の冷えを放置することは、更年期障害を悪化させることにもなりかねませんので、今回紹介した改善方法を参考にぜひ実践してみてください。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

寝てばかりの更年期の原因や対策は?眠気や倦怠感の理由とは?

更年期障害の症状のひとつに睡魔や眠気、倦怠感が何時間寝ても抜けずに寝てばかりの日々を過ごしてしまう女性がいます。 なぜ寝てばかりの状態…

骨粗鬆症は更年期以降の女性に多い症状、大腿骨骨折の予防法は?

骨粗鬆症は更年期以降の女性に多い症状で、エストロゲンの減少をきっかけとする、更年期障害の症状のひとつ。 骨粗鬆症で最も注意すべきは、骨…

更年期のむくみは女性に多い症状、更年期障害が原因で発症する!

更年期の女性には、手足のむくみに悩む人が増えますが、効果的な対策はあるのでしょうか。 更年期障害が原因で発症するむくみの情報、役立つ解…

のどの違和感は咽喉頭異常感症かも。更年期障害で起こる症状!

更年期にのどの違和感を感じたら、更年期障害の症状のひとつの咽喉頭異常感症かもしれません。 ストレスがきっかけで起こる咽喉頭異常感症は、…

高血圧も更年期障害の症状、対策せずに放置すると病気の原因に。

更年期になると、それまで低血圧だった人が急に高血圧になることもあるんです。 更年期障害の症状のひとつである高血圧は、一般的な高血圧の症…

頭痛も更年期障害の症状、緊張型頭痛が多いけど病気の可能性も?

頭痛も更年期障害で多くの女性が感じる症状のひとつ。 緊張型頭痛や偏頭痛の症状が出る人が多いですが、病気が隠れている可能性もあるので、要…