更年期の女性には、眼精疲労の症状を感じたり、ドライアイになったりと。。様々な目の不調を感じる人が増えます。

しかも眼精疲労を放置することは、さらなる更年期障害を発生させる原因になったり、症状の悪化を招くことにつながる理由にも。

実際になぜ、更年期になると眼精疲労やドライアイの症状に悩まされるのか?更年期に起こりやすい目の病気と合わせて紹介します。

更年期の女性に眼精疲労が増えるのはエストロゲンの減少の影響

やはり女性が加齢とともに、様々な症状や不調を感じるのには、女性ホルモンのエストロゲンの減少が影響しています。

更年期になって女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、粘膜などの潤いを保つ効果が低下し、乾燥感を感じやすくなったり、様々な不調の原因に。

更年期の目の症状と言えば、老眼をイメージする人も多いでしょう。

老眼とは、水晶体の硬化や毛様体筋の筋力低下で起こる、ピント調整機能の低下のこと。

水晶体はコラーゲンを豊富に含んでいるので、エストロゲンの分泌量の減少とともに、コラーゲンの産生力も低下し、水晶体が硬く動きが悪くなります。

それを無理に毛様体筋で動かそうと、一生懸命ピントを調整することで、目が常に緊張状態になり、眼精疲労を感じるように。

しかも最近は、スマホやPCで長時間同じ場所ばかりみているので、ずっと緊張状態が続くことで、老眼の症状を発症しやすい状態なんです。

モノを見る際に、目が霞んだり、疲れやすかったり、違和感を感じたり、まぶたが重かったり、痙攣したり・・・これらは全て眼精疲労が原因で起こっている症状。

もし上記に当てはまるものがあるのなら、眼精疲労の症状が起こっているということを理解し、重症化する前に改善することが必要です。

更年期のドライアイも眼精疲労に次ぐ女性に多い症状。

ドライアイに悩まされるのは、更年期の女性だけではありませんが、更年期になるとドライアイの症状も悪化します。

目の角膜も粘膜なので、女性ホルモンのエストロゲンの減少の影響を受けて、十分に潤いを保つことができなくなります。

さらに問題になるのが、スマホやPCを長時間使用すること。

PCの使用は、テレビの2倍ほど目に良くないと言われていますし、何よりも瞬きの回数が減少します。

瞬きの回数が減少すれば、それだけ目の角膜は水分を得ることができずに、表面から乾燥し角膜が荒れることに。

その症状がひどくなると、充血したり、モノがかすんで見えたり、頭痛を感じたりするようになることもあります。

また涙腺をコントロールしているのは副交感神経なので、交感神経が優位な状態だと涙腺から十分な涙が出ずに、ドライアイになりやすい状態だと理解しましょう。

更年期はエストロゲンの減少で、自律神経のバランスが乱れやすく、交感神経が優位になりがちなので、元々の涙の分泌量が減少していることも、ドライアイになりやすい理由のひとつです。

更年期に起こりやすい目の病気やその他の症状は?

更年期になると、男性も女性も様々な病気や症状を発症することもありますので、代表的なものを幾つか紹介しておきます。

飛蚊症も更年期に起こりやすい目の不調

飛蚊症とは、実際には存在しない糸くずや黒い点が見えてしまう症状で、更年期以外でも比較的多い症状のひとつですが、更年期に急激に増えた場合には注意が必要です。

急激に飛蚊症の症状が気になったり、その量が増えた場合には、網膜裂孔や網膜剥離に症状が進行している場合も。

そうなると、眼底部分のレーザー治療が必要になりますし、放置していると網膜剥離が進行し、失明のリスクもあるので、気になる場合には眼科でチェックしてもらいましょう。

白内障や緑内障は更年期に起こりやすい目の病気

更年期に起こる目の病気で、最も多いのは白内障ではないでしょうか?

水晶体が更年期になって濁ってしまうことで、白内障の症状を発症しますので、男女ともに更年期に光を眩しく感じる様になったら、早めにケアすべき症状。

最近では遠近両用のレンズが発売されていたり、白内障手術にも様々な選択肢がありますので、ライフスタイルに合わせて治療方法を選択しましょう。

緑内障は視野欠損が起こり、視力がどんどん低下したり、見えない部分が出てくる症状。

ここ数年レーザー治療の成績も上がってきていますので、緑内障になっても、早期治療を行えばその後の経過も良好になります。

眼精疲労は全身の血流を悪化させ、更年期障害を重篤化させる

慢性的な眼精疲労の状態が続くと、目が疲れているだけの状態から、首のこりや肩こり、頭痛などの症状を誘発します。

これは眼精疲労をきっかけに、目の周りの血流の悪化が、頭から首、首から肩と連鎖的に発生することで、症状が悪化していくから。

それでもその症状を放置していると、最後には、全身の血流が悪化することに。

血流の悪化は、更年期障害の症状をさらに増長させるのは、ご存知だと思います。

だからこそ更年期対策に、血流改善効果のあるものやリラックスが大切だと言われていますよね?

全身の血流が悪化することは、裏返せば、交感神経が優位になっているということ。

交感神経が優位になると、

  • 血流が悪化する
  • 血管が収縮する
  • 心拍数が増加する
  • 消化効率が低下する
  • 興奮しやすくイライラする

どれも更年期障害の症状を悪化させる原因ですよね?

単なる眼精疲労だと放置したものが、実はこれだけ拡大して、あなたの不調の原因やきっかけになることもあると理解しましょう。

更年期の眼精疲労を予防、改善する対処方法とは?

女性ホルモンのエストロゲンの減少を気合で防ぐ事はできませんが、眼精疲労に対する対処方法はいくつかあります。

  • バランスの取れた食生活で過ごす
  • リラックスして、副交感神経を優位にする
  • ホットタオルで目の周りの血流を改善する
  • 目回し体操や、遠くを見るようにする

この中でも、一番簡単で効果的なのは、ホットタオルを使う方法。

水で濡らして軽く絞ったタオルをレンジでチンして、それを目の上に乗せてしばらく横になっているだけです。

そうすることで、眼精疲労もとれますし、リラックスできますので、目を酷使しがちな人は是非実践してみてください。

眼精疲労は更年期に起こりやすい症状ですし、眼精疲労をきっかけに更年期障害が悪化しますので、本当に注意して対処するようにしましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

円形脱毛症も更年期障害の症状?女性の薄毛対策の基本とは?

更年期の女性に円形脱毛症を発症する人が増えるようですが、これは更年期障害と直接関係のある症状なのでしょうか? 更年期の女性の脱毛にはど…

食事が更年期障害の症状緩和に役立つ。食生活を積極的に改善しよう

食事や食材など食生活全般を改善することが、更年期障害の症状緩和に役立つのを知っていますか。 プレ更年期のタイミングから、食生活を意識的…

坐骨神経痛も更年期障害が原因で女性に増える症状のひとつ。

更年期の女性には、坐骨神経痛の症状を発症する人が増えますが、更年期障害との関係性はどうなのでしょうか? 慢性腰痛の症状を持っている人は…

胸の張りや痛みは更年期の女性に多い症状、原因や対策は?

胸の張りや痛みなどの乳痛に、更年期の多くの女性が悩まされている症状だということを知っていますか? 閉経する前でも後でも、生理前のPMS…

物忘れも更年期障害の症状、認知症との関係や効果的な対策は?

更年期になって物忘れが酷くなり、不安になる女性が増加中なのを知っていますか? 物忘れや記憶力低下が認知症に関係性がある症状なのではない…

閉経と更年期障害の関係は、卵巣の機能低下が大きく影響するの?

閉経と更年期障害にはどのような関係があるのでしょうか? 加齢とともに卵巣の機能低下が起こることで、更年期障害の様々な症状を感じると言わ…