更年期が早くきた女性は、老化も早い傾向があるのを知っていますか?

女性は閉経後に一気に老け込む傾向にあるので、更年期が早い人は女性ホルモンが持つ効果の恩恵を維持できないんです。

若さを維持するためにも、更年期障害を遅らせる努力が若いうちから必要だということを理解しましょう。

更年期が早い女性は閉経も早く、一気に老け込みやすい!

更年期とは、閉経を含む前後5年の合計10年間を指す言葉で、一般的な更年期は45歳頃から55歳頃までの期間だと言われています。

しかし最近は、プレ更年期という言葉があるように更年期障害も多様な年代に広がっており、実際に閉経を30代で迎えるような早期閉経のような症状もあります。

閉経を若い年齢で迎えることで、毎月の月経から開放されると思うのは、実は凄く浅はかなこと。

閉経になるということは、女性の卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなるということで、様々な問題が起こります。

美容面でも健康面でも問題になるのが、閉経後に一気に老け込むこと。

その原因が女性ホルモンのエストロゲンが分泌されないことで起こる、身体の老化なんです。

エストロゲンが女性の身体の老化を抑制している

エストロゲンに若さを維持する様な効果があることを、普段の生活で意識することはないと思いますが、閉経とともにその現実を目のあたりにすることに。

エストロゲンには、子宮や卵巣以外にも、骨や血液、関節や靭帯、脳や腸、皮膚や血管など全身の臓器の作用し、血流促進効果やコラーゲンの生成促進、骨へのカルシウムの蓄積など多様な効果があります。

体内にエストロゲンが存在することで、若々しさを維持する効果があることになりますが、そのエストロゲンが分泌されなくなるということは、若さを維持する機能がなくなることに。

その結果、閉経後の女性は一気に老け込み、顔には深いシワが刻まれたり、骨粗しょう症のリスクや様々な病気を併発する可能性もあります。

更年期以降の女性に多い老化症状や疾患とは?

では実際に、閉経後の女性にどのような疾患や身体の不調が増えてくるのかを紹介すると・・・

  • 関節痛
  • 骨粗しょう症
  • 排尿障害(頻尿や失禁)
  • 動脈硬化(心筋梗塞や脳梗塞)
  • 認知症などの脳機能障害
  • 性交障害(濡れにくい、性交痛)
  • 肌の老化(シミやシワ、たるみやくすみ)

これらの症状や不調が起こるきっかけこそが、閉経による女性ホルモンのエストロゲンの減少。

更年期が早い人は、それだけ閉経が早まるので、老化も一気に進むし、周りの友人よりも老けやすいと理解する必要があります。

卵巣の老化が進み、更年期が早まる原因とは?

卵巣機能の老化により、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなる原因のひとつに、活性酸素の問題があります。

人間が生きていく上で必要な酸素ですが、酸素と栄養素でエネルギーを作り出し、同時に活性酸素も生み出してしまいます。

この過剰に生み出された活性酸素が、シミやシワの原因になるだけではなく、様々な病気や疾患のきっかけにも。

体内には活性酸素を除去することができる酵素を作る機能がありますが、これも加齢とともに機能が低下し、活性酸素の増加に追いつかなくなり、老化が急激に進みます。

活性酸素が増えることで卵巣に起こる問題は、卵子の染色体異常。

これにより30代後半の女性の妊娠力が低下しますので、妊娠するためにも抗酸化力を維持することが大切です。

卵巣の老化を遅らせることで、更年期を遅くする効果が!

卵巣機能の老化をストップさせることはできませんが、生活習慣や食習慣によって、卵巣機能の老化スピードを遅らせることはできます。

もしあなたが何も考えずに好き勝手な生活習慣を送っていれば、間違いなく老化は進み、周りの友人よりも早いタイミングで更年期に突入するでしょう。

その結果、急激に老け込むことや疾患リスクが高まることは、既に説明済ですので、そうならないような対策が必要です。

では実際にどのような生活習慣や食習慣を送ることで、卵巣の老化を遅らせることができるのかを解説します。

卵巣の老化スピードを早める喫煙(タバコ)

喫煙者には、閉経が早い人が多いと言われています。

実際にタバコには活性酸素を過剰に作り出す作用があることがわかっており、これに対抗する酵素の製造が間に合わずに、活性酸素が過剰な状態に。

その結果、卵巣の老化スピードが早まることが指摘されていますので、喫煙者の人はできるだけ禁煙するようにしましょう。

抗酸化力は、軽い運動を行うことで高まる。

あなたが持っている抗酸化力を高めるためにも、週に2〜3回、ラジオ体操でもウォーキングでも良いので、身体を軽く動かすことが推奨されます。

ラジオ体操なら、室内で簡単にできること、NHKなどでラジオ体操の放送があることで、見ながら実践できることもありますのでおすすめです。

身体を動かすことは、あなたの身体を活性化させることにつながりますので、いくつになっても運動習慣は維持するようにしましょう。

食べ過ぎに注意して、抗酸化作用のある食材を食べる

腹八分目という言葉があるように、食べすぎは健康を害する行動のひとつ。

特に脂質や糖質の過剰摂取は、肥満の原因になるだけではなく、様々な生活習慣やの原因になります。

更年期の年齢になる頃には、基礎代謝も低下していますので、脂肪分やカロリーばかりの食事ではなく、栄養素の豊富な旬の食材を選んで食べるようにしましょう。

また緑黄色野菜やオメガ3脂肪酸などを含む魚介類には、抗酸化作用が期待できますので、食事から抗酸化力を補うのも大切な考え方です。

ビタミンEの持つ、抗酸化作用を活用する

ビタミンEには非常に優れた抗酸化作用があることがわかっていますが、その抗酸化力を最大化するためには、ある程度の量のビタミンEを摂取することが必要です。

ビタミンEの摂取推奨量は、成人では15mg/日ですが、ほとんどの人が摂取推奨量を取ることができていません。

ただビタミンEの摂取が不足していても、ビタミンE欠乏症の様な疾患を発症するリスクは、あまり高くないので、見逃されがちなビタミン。

ただビタミンEの抗酸化力は非常に優れており、しっかり摂取することで活性酸素を除去し、抗酸化作用を発揮して、美容面でも健康面でも優れた効果を実感してくれます。

30代後半から卵巣機能の低下が起こることがわかっていますので、30代になったタイミングで天然型ビタミンEの医薬品を飲み始めることで、若さと健康を維持できます。

その結果、更年期の訪れも遅くすることができ、老化スピードも低下させることができますので、ビタミンEの持つ抗酸化作用を活用していきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

関連記事

手足のしびれは更年期特有の症状、原因と自宅でできる克服法は?

手足のしびれは更年期の女性特有の症状で、更年期障害によるものと、何かしらの病気が原因の物がありますので、長期間続く場合は注意が必要です。 …

過食や拒食症などの摂食障害も更年期の女性に多い症状って本当?

過食や拒食症などの摂食障害も、更年期の女性に多い症状だということを知っていますか? 特に更年期障害を発症している女性の場合、いつもと同…

甘酒が更年期障害の症状に効果的だと話題、飲む点滴はスゴイ!

甘酒を飲むことで、更年期障害の原因医効果的に作用し、症状改善に役立つ効果があると、2017年放送の林修の今でしょ講座でも話題に! 女性…

トコフェロンEナチュールのビタミンEが更年期障害に効果的?

薬日堂の天然ビタミンE配合の医薬品である、トコフェロンEナチュールのが更年期障害に効果的だと評判です。 実際にトコフェロンEナチュール…

ウォーキングは女性の更年期障害の症状を緩和させる効果がある?

ウォーキングのような適度な運動を行うことが、女性の更年期障害の症状を緩和させる効果があると言われています。 実際にどのような改善効果が…

プレ更年期の原因とは?女性に多い不調や症状の改善方法も解説!

30代後半から40代前半の更年期障害の世代ではない年齢の女性に、更年期障害のような症状が出てプレ更年期を発症している人が増加しています。 …