更年期にのどの違和感を感じたら、更年期障害の症状のひとつの咽喉頭異常感症かもしれません。

ストレスがきっかけで起こる咽喉頭異常感症は、ヒステリー球とも呼ばれる症状。

自律神経失調症とも関連があると言われる症状なので、しっかり対処法を知り、状態の悪化を予防しましょう。

更年期になると、のどの違和感や異物感を感じる人が多い。

45歳以上の更年期に差し掛かった女性に増える症状に、のどの異物感や違和感を感じる人が増えてきます。

のどがイガイガしたり、のどに圧迫感を感じたり、なにか引っかかっている感じがしたり・・・最初は違和感だけだったものが、どんどん症状が進行して不安になります。

のどの違和感で癌を疑う人が75%もいると言われるほどなので、多くの女性が急に生じた違和感や症状の進行でどんどん不安な状態に陥ります。

のどにこのような症状が出る病気もあるし、年齢的なこともあり不安が止まらないんです。実際に起こり得る病気には、

  • 慢性炎症:慢性副鼻腔炎、慢性扁桃炎、慢性気管支炎など
  • アレルギー:鼻アレルギー、喉頭アレルギーなど
  • 甲状腺の病気:橋本病、甲状腺腫瘍など
  • 胃食道逆流症:逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症など
  • 腫瘍:喉頭がん、咽頭がんなど
  • 形態異常:過長茎状突起、頸椎異常、舌根扁桃肥大など

これだけありますので、不安になるのも仕方がないと思います。でも実際に病院でどんな検査を受けても、原因がわからないと言われることがあるんです。

更年期に起こる原因不明の、のどの違和感こそが「咽喉頭異常感症」です。

咽喉頭異常感症とはどんな症状なのか?

咽喉頭異常感症とは、ヒステリー球とも呼ばれる更年期の女性特有の症状のひとつ。

更年期に感じるストレスや倦怠感、疲労感などをきっかけに喉が詰まっている感覚に襲われます。

先ほどもお伝えしたように、耳鼻咽頭科でも甲状腺の検査をしても、全く異常がないのに、のどの異物感が止まらないんです。

一般的に咽喉頭異常感症を発症しても、喉の渇き・異物感・喉の奥が狭くなった感じがする程度で、のどの痛みを感じる人は僅か。

のどの異物感と唾液の減少、口のかわきなどの症状を併発している更年期の女性なら、ほとんどが咽喉頭異常感症だと思って間違えないでしょう。

咽喉頭異常感症の対処法は?

のどの異物感が咽喉頭異常感症と診断された場合の対処方法は、どんな病院に行くのかで大きく変わります。

  • 西洋医学:精神系の治療→向精神薬などの処方
  • 東洋医学:漢方による治療→柴朴湯(サイボクトウ)

漢方薬の場合、即効性がありませんが3〜6ヶ月ほどで徐々に症状が緩和していきますので、焦らずに治療を続ける必要があります。

病院での治療を行わない場合には、大豆イソフラボンの摂取やビタミンE(医薬品)での摂取が効果的。

もし潤い不足だとしたら、梅干しやレモンを少し口に含んだり、口に含んでいることを想像して唾液を分泌させることで、のどの違和感が減少するかもしれません。

自律神経のバランスが乱れてものどの異物感は起こる

咽喉頭異常感症は、ヒステリー球と呼ばれるように、神経質な人や、がんに対する恐怖心が強い人に起こりやすい症状です。

極度の不安や緊張の影響で、精神が不安定な状態になり、自律神経のバランスが乱れることで起こりますので、自律神経失調症になる可能性も。

元々、更年期の女性にのどの違和感や異物感の症状を感じる人が多い事、その割合は男性の2倍程度だと理解しておくことで、精神的な不安も和らぐかもしれません。

口呼吸だと、のどの違和感や口のかわきが起こる

更年期になると、無意識に口呼吸になっている人が増えます。

この原因は、首から肩に掛けての筋肉の衰えと口周辺の筋肉の衰えで、特に筋肉量の少ない女性に多い特徴があります。

口呼吸になることで、口も乾きやすくなりますし、喉の粘膜も乾燥して違和感や異物感を実感するように。

無意識に口呼吸をしていないか、旦那さんやパートナーにチェックしてもらったり、首から肩、口周辺の筋肉を鍛えることも重要な対策法です。

咽喉頭異常感症は更年期の女性に多いけど必要に応じて検査する

これも大事なことです。

更年期の女性に多いからと放置していては、咽喉頭異常感症の症状も改善しませんし、もしのどの違和感やのどの異物感が病気が原因だったら・・・ということもあります。

先ほども多くの病気を紹介しましたので、まずは耳鼻咽頭科を受診する。

その上で何がきっかけで起こっているものなのかを知ることが、あなたのさらなる不安感を増長させずに済む方法ですし、万が一の際には早期発見が重要

珍しい症状ではないものの、病気が隠れている可能性もまったくないことではないということを理解して、しっかり向き合っていきましょう。

原因不明=重篤な病気ではないということですから、気楽に向き合っていけば徐々に症状が改善されますよ。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

寝てばかりの更年期の原因や対策は?眠気や倦怠感の理由とは?

更年期障害の症状のひとつに睡魔や眠気、倦怠感が何時間寝ても抜けずに寝てばかりの日々を過ごしてしまう女性がいます。 なぜ寝てばかりの状態…

頭痛も更年期障害の症状、緊張型頭痛が多いけど病気の可能性も?

頭痛も更年期障害で多くの女性が感じる症状のひとつ。 緊張型頭痛や偏頭痛の症状が出る人が多いですが、病気が隠れている可能性もあるので、要…

更年期障害とパニック障害の関係性、症状が似ているけど違いは?

更年期障害とパニック障害は実際に感じる症状が似ていますが、深い関係性があるのでしょうか。 更年期の女性に多い、動悸や息切れ、突然の発作…

エクオールが女性の更年期障害の症状改善に効果的なのは本当?

エクオールという大豆イソフラボンの一部の成分が、女性の更年期障害の症状改善に効果的だと話題になっていますが、本当なのでしょうか? 気に…

うつ病や不安感の症状も更年期障害で起こる、原因と対処法は?

更年期障害で起こる不安感やホルモンバランスの悪化が原因で、自律神経失調症やうつ病などを発症してしまう人がいます。 一度うつ病になると、…

坐骨神経痛も更年期障害が原因で女性に増える症状のひとつ。

更年期の女性には、坐骨神経痛の症状を発症する人が増えますが、更年期障害との関係性はどうなのでしょうか? 慢性腰痛の症状を持っている人は…