微熱も更年期障害の症状ひとつなのを知っていますか?

でも更年期の微熱や発熱が長期間続く場合は、病気が原因の可能性もあるんです。

更年期症状が原因で起こる微熱の特徴を紹介しますので、放置せずに気になる症状があれば病院で診察を受けるようにしてください。

微熱を普段から感じてる更年期の女性は多い!

微熱という言葉がありますが、実は微熱には明確な定義がないのを知っていますか?

人間の体温は個人差があるので、一概に何度なら微熱ということができず、平熱よりも1度高い状態が続くことで、微熱だと考えるべき。

ただ一般的には、平熱が35〜37.5℃未満、微熱は37.5〜38℃、発熱は38℃以上と考えられていますので、これも参考にしつつ、平熱と比較して考えてみてください。

微熱の状態だと、少しボーっとしたり、風邪をひいたような感じだったり・・・でもそこまで問題があるとも思えないし、最近、微熱気味だからと放置する人が多いんです。

でも微熱でも発熱しているということは、何かしら身体に以上があるから。

そもそも発熱するということは、体調不良だったり、病原菌や炎症などの反応が起こっており、免疫機能を活性化する必要があるということ。

そんな状態が長期間続いているということは、健康にとって良いことはないので、何が問題なのか、改善する方法はないのかを考えることが大切です。

更年期障害の頭痛には、自律神経の悪化が潜んでいる。

更年期障害の症状で起こる頭痛は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下することで起こる、自律神経のバランスの悪化が原因のことがほとんど。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、そのバランスが取れていることで、体温が一定の範囲内に治まるように調整しています。

しかし、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできないと夕方のタイミングで、熱が低下せずに微熱のような症状を感じるようになります。

また月経後に体温が下がりきらずに、微熱が続いている場合にも、自律神経のバランスが乱れ、体温調整がうまく行っていないことも。

一時的な微熱であれば、そこまで気にすることはありませんが、更年期障害の症状のひとつでも、微熱が継続的に続く場合には、注意が必要です。

自律神経のバランスが大幅に悪化して、自律神経失調症を引き起こしている場合も。

更年期障害以外に微熱が起こる原因とは?

更年期障害の微熱と異なり、更年期になると微熱の症状を発症する事があります。

一時的な体調不良ではなく、その原因が病気の場合もありますので、いつもの微熱だと放置しない方が良い場合も。

一般的な微熱の原因には、

  • 風邪やインフルエンザ
  • 関節リウマチ
  • 尿路結石
  • 慢性膀胱炎
  • 慢性腎盂腎炎
  • 慢性副鼻腔炎
  • 慢性扁桃腺炎
  • 虫垂炎
  • 胆嚢炎
  • 肺結核
  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病や橋本病など)
  • 白血病

これらの病気が隠れていることが考えられますが、更年期障害の微熱に似た症状が続くのが、甲状腺機能亢進症です。

微熱+首周りの違和感や腫れが続くようなら、甲状腺機能亢進症を疑って一度病院で診察を受けるようにしましょう。

更年期障害で起こる微熱の特徴とは?

更年期障害が原因で起こる微熱の特徴には、

  • 夕方以降に微熱が続くようになる
  • 生理前に微熱が続くようになる
  • だるさを伴う微熱が続いている

これらの微熱が続くようなら、更年期障害で起こる微熱なので、自律神経のバランスが悪化していることを理解して、しっかりと対策を行いましょう。

更年期障害が原因で起こる微熱の対処法は?

更年期障害が原因で起こる微熱の場合、自律神経の乱れが原因になっていますので、原因を改善する対処法を実践することで、症状が改善することも。

悪化させると自律神経失調症やうつ病、不眠症などを引き起こすこともありますので、改善できなくとも悪化させないようにしましょう。

その為にもこれから紹介する頭痛対策を行ってください。

大豆イソフラボンを摂取してエストロゲンの減少をサポート

更年期障害に悩む女性にとっては、エストロゲンと似た作用がある大豆イソフラボンの摂取は基本。

大豆イソフラボンを摂取することで、エストロゲンの減少分を少しでも補うことで、自律神経のバランスの悪化を緩和したり、予防したりすることが可能。

大豆製品を普段から食べるようにして、大豆イソフラボンをしっかり摂取しましょう。

副交感神経を優位にするトリプトファンを摂取する

副交感神経の作用が低下することで、夕方以降の体温低下が起こりにくくなるので、副交感神経に役立つトリプトファンの摂取も効果的。

トリプトファンを摂取することで、体内でセロトニンに変化します。

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれており、うつ病や不眠症などにも効果が期待できるだけではなく、興奮物質を抑制してくれるので、発熱の抑制にもつながります。

トリプトファンは、豆乳やバナナ、発酵食品やそばに含まれていますので、しっかり摂取しましょう。

豆乳はトリプトファンの補給と大豆イソフラボンの補給にも効果的なので、食欲のないタイミングだけではなく、普段から積極的に活用すると効果的です。

定期的に運動を行うことで自律神経のバランスをとろう

運動を行うことは、ストレス発散にも役立つ効果がりますが、実は定期的な運動には更年期障害に役立つ効果が。

それが定期的なトレーニングを行うことで、更年期障害を発症しにくいということが科学的にも証明されているという点です。

普段から身体を動かすことで、筋力の低下も免れ、健康寿命も長くなりますし、性格的にも活発になります。

心身の健康を維持する目的でも、普段から身体を動かす習慣を心がけてください。

食事のバランスを考え、高タンパク低脂肪を意識する

加齢とともにどんどん代謝も低下しますし、食も細くなりがちです。

そうすると、好きなものしか食べなくなったり、栄養的にバランスが悪化してしまうことも。

運動するにもある程度の栄養素が必要ですし、更年期の乱れた食生活は、肥満や病気の原因にもなりかねません。

ビタミン類やミネラル類、血液サラサラ効果のあるものや抗酸化作用に優れているものを食べるようにして、血液や血管年齢も意識しましょう。

食事だけで必要な栄養素を摂取できないのであれば、サプリメントではなく、効果の実感できる医薬品を選んで飲むようにしましょう。

サプリメントにはない薬効成分が含まれていることで、更年期に起こる様々な症状を根本から解決してくれる効果も期待できます。

特に食事では摂取しにくい、ビタミンEを医薬品で摂取すると、優れた抗酸化作用と血液サラサラ効果を実感できますので、微熱の改善にも。

漢方薬などもありますが、漢方薬の場合には、副作用が起こることもあるので、安全性と効果を考えるのであれば、医薬品を選ぶのが基本的な選択です。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

更年期を乗り切るヒントを紹介、毎日の過ごし方で症状も変わる!

更年期障害は、女性も男性も辛いものなので、うまく乗り切るヒントを知ることで、日々の生活の質が変化します。 実際にどのようなことを意識し…

頭痛も更年期障害の症状、緊張型頭痛が多いけど病気の可能性も?

頭痛も更年期障害で多くの女性が感じる症状のひとつ。 緊張型頭痛や偏頭痛の症状が出る人が多いですが、病気が隠れている可能性もあるので、要…

肩こりも更年期障害の症状、血行不良が原因で放置すると悪化する

更年期障害の症状として、多くの女性が感じるのが肩こりや腰痛です。 肩こりは更年期になるとどんどん悪化することもあるので、放置せずに治療…

ワキガや脇汗も更年期障害の症状、突然の多汗症に悩む女性も?

更年期になった途端に、突然に脇汗の量が増え、ワキガになったかもと不安になる女性が増えます。 実は更年期の多汗症や脇の臭いの変化も、更年…

軽減、緩和したい更年期障害。毎日の食事で摂取すべき栄養素は?

つらい更年期障害の様々な症状を軽減&緩和したい人が、毎日の食事で摂取すべき栄養素は言ったいどのようなものでしょうか? 女性ホルモンのエ…

肌荒れや乾燥、更年期障害で肌トラブルが急増する意外な原因は?

肌荒れや乾燥、更年期になると様々な肌トラブルを抱える女性が急増します。 エストロゲンの減少によるホルモンバランスの悪化が肌の状態を悪化…