更年期になると、首の後ろが熱い症状や不調を感じる女性もいるようですが、その原因がホットフラッシュって本当なのでしょうか。

更年期障害の代表的な症状であるホットフラッシュといえば、手足が冷えて顔から大量の汗をかく症状。

なぜ首の後が熱いのにホットフラッシュの可能性があるのか、不調の原因と効果的な対策も含めて紹介します。

ホットフラッシュが起こる部位は顔だけではなかった。

ホットフラッシュのことを、人前で顔汗が止まらない状態だと考えている女性も多いかもしれませんが、ホットフラッシュとは顔だけに起こる症状ではありません。

一般的に更年期障害の影響でほてりを感じるのは、

  • 全身
  • 首の後

このように全身の至る部分に起こると言われていますので、首の後が熱いのもホットフラッシュの影響の可能性があります。

ただ手足だけが熱く火照っているような状態の場合は、更年期障害というよりも疾患による影響を受けている可能性がありますので、どの部位なのかによって対応を注意しましょう。

なぜ顔のほてりや顔汗が出やすいのかといえば、他の部位よりも顔は熱感が高いから。

だから顔にほてりの症状が出ていると、顔汗がダラダラと止まらなかったり赤くなったり、熱く感じてしまうんです。

更年期に起こりがちなほてりの症状とは?

では実際に更年期障害をきっかけとしたほてりには、どのような症状があるのかというと・・・

  • 急に熱くなって汗が出始める
  • 首から上だけが異常に熱い
  • 熱がないのに熱っぽい感じがする
  • 顔が異常なほど真っ赤になる

これらの症状が起こりますが、そこで問題になるのが、強烈や異常、急激に汗が出るという部分。

そんな状態が1回あたり30秒から10分ほど続き、平均的なほてりの時間は4分ほどだと言われていますが、中には30分ほどもほてりが続くことも。

更年期障害やほてりの症状は、かなり個人差がありますので、その点も理解しておく必要があります。

ホットフラッシュの原因は卵巣機能の低下がきっかけ

更年期の女性に多いホットフラッシュは、どんな女性でも必ず起こる卵巣機能の低下がきっかけなので、それ自体を回避することはできません。

ただ卵巣機能の低下が起こっても、ホットフラッシュが起こらない人もいますし、40〜75%の女性しかホットフラッシュを感じないと言われています。

その中でも首の後が熱いと感じる人の割合はさらに低いので、自分だけの症状で病気が原因かもしれない、と不安になっている人もいらっしゃるかもしれません。

確かに病気が原因でほてりの症状が出ることもありますので、思い当たる節があったり、不安な場合は内科等で診察を受けることも良いでしょう。

ただ更年期前後の女性に多いのは、一般的には卵巣機能の低下によるホルモンバランスの悪化や、自律神経の暴走です。

多くの女性がこの原因をきっかけとした更年期障害の様々な症状を感じていますので、急に首の後が熱い症状が出ても焦らないことをおすすめします。

精神的に緊張したり、焦ったりすることもホットフラッシュの症状を悪化させる要因になりますので、注意が必要だと覚えておきましょう。

ホットフラッシュの効果的な対処法や対策は?

卵巣機能の低下が原因なので、ほとんどの女性に起こりえるほてりやホットフラッシュの症状も、予防法がないわけではありません。

普段から生活に取り入れておくことで、症状の緩和に効果的だったり、ホットフラッシュの症状が出た時におすすめの対処法もあります。

ここでは自宅でもできる方法を幾つか紹介しますので、あなたにあった対処法を取り入れて、症状の緩和を目指しましょう。

有酸素運動で自律神経を整えよう!

運動という言葉が出てくるだけで、ちょっと・・・と思うかもしれませんが、有酸素運動といってもウォーキングで十分です。

人と話しながらできるレベルの運動で良いので、最大心拍数も少し意識しておくと良い効果が。

220‐年齢=最大心拍数

最大心拍数の6〜7割ほどをイメージした運動を行うことで、脂肪燃焼効果も高まりますので、更年期障害の改善+ダイエット効果のメリットを目指しましょう。

普段から血行が良い状態を作っておくとより効果的に、ホットフラッシュを予防する事もできますので、身体を動かすだけではなく、食事内容等にも注意してくださいね。

アロマやハーブティーでリラックスしよう

自律神経でも副交感神経を優位にするためにも、リラックスタイムを設けるのが大切なこと。

アロマでも、ローズやゼラニウム、ジャスミンやカモミールなど、あなたの好みに合った精油を使用してリラックスした時間を過ごしましょう。

アロマディフューザーがなくとも、コットンやティッシュペーパーに精油を落としても良いですし、マグカップにお湯を入れて精油を1〜2滴おとすだけでもOKです。

それに合わせてハーブティー(ペパーミントやセージ)を飲むようにすると、ホットフラッシュに効果的でしょう。

最近は更年期の女性向けにブレンドされたハーブティーもありますので、そういう商品を試してみるのも良いかもしれません。

ホットフラッシュの効果的な対処法はとにかく冷やすこと。

もしホットフラッシュの症状が出て、顔汗が止まらなかったり、首の後が熱い状態になったら、すぐに冷やすことを意識しましょう。

濡れタオルやハンカチ、ウェットティッシュや冷却シートなどを使って、首筋を冷やしてください。

冷たい水を飲んだり、薄着になったり、涼しい場所に移動することも効果的ですので、焦らずに対処すれば大丈夫。

首の後が熱い症状も、ホットフラッシュの一部ですので、できるだけ普段から症状が出にくい状態にしておきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

胸の張りや痛みは更年期の女性に多い症状、原因や対策は?

胸の張りや痛みなどの乳痛に、更年期の多くの女性が悩まされている症状だということを知っていますか? 閉経する前でも後でも、生理前のPMS…

胃もたれや食欲不振も更年期障害で多い症状、その原因と対策は?

胃もたれや食欲不振も、更年期の年代の女性に多い症状だということに気づいていますか? なぜ更年期障害の症状で、胃もたれや食欲不振などの胃…

アロマテラピーは更年期の不調に効果的で気軽にセルフケアできる

精油やアロマオイルを使用したアロマテラピーが、更年期障害や更年期の不調に効果的で、気軽にセルフケアできると話題です。 自然療法としても…

腹痛や下腹部痛も更年期障害の症状だけど、病気が原因かも?

更年期の女性に多いのが、腹痛や下腹部痛の症状を感じているものの、自己判断で放置してしまうこと。 更年期の腹痛や下腹部痛には、更年期障害…

坐骨神経痛も更年期障害が原因で女性に増える症状のひとつ。

更年期の女性には、坐骨神経痛の症状を発症する人が増えますが、更年期障害との関係性はどうなのでしょうか? 慢性腰痛の症状を持っている人は…

頭痛も更年期障害の症状、緊張型頭痛が多いけど病気の可能性も?

頭痛も更年期障害で多くの女性が感じる症状のひとつ。 緊張型頭痛や偏頭痛の症状が出る人が多いですが、病気が隠れている可能性もあるので、要…