更年期を遅らせる方法を知ることで、、閉経までの期間を伸ばすこともできます。

実際に閉経が早い人や遅い人の違いには、どのような原因や特徴があり、個人差につながっているのか?

その原因を知ることで、女性が悩む更年期障害を遅らせる事ができるはずです。

更年期の閉経を防ぐことは出来ないが、遅らせることは可能。

女性の更年期とは、閉経を挟む前後5年の10年間のことで、どんなに美人でも、どんなに見た目が若くても、女性である以上は、必ず閉経がやってきます。

医学的には、これをすれば誰でも閉経が遅くなるという効果的な方法はまだ発見されていません。

つまり閉経を防ぐ事はできませんが、閉経が早い人や遅い人の特徴を知ることで、少しでも閉経を遅らせるような行動を取ることができます。

実際にどのような特徴があるのか。どうすればよいのかなど、順に解説していきます。

閉経が早い人の特徴や原因とは?

閉経が早い人には、医学的な原因と生活習慣が原因となって、早まってしまう人がいますが、一般的には、

  • 不妊治療の経験がある人
  • 子宮内膜症の手術を受けた人
  • 抗癌剤治療を行った経験のある人
  • 喫煙習慣がある人
  • 過度の飲酒習慣がある人
  • 運動習慣が全くない人
  • ストレス過多の状態が続いている人
  • 慢性的な睡眠不足の人

こういった特徴がある人の場合には、卵巣の老化が進み、卵巣機能の低下が起こり、早い段階でエストロゲンが分泌されなくなります。

閉経が遅い人の特徴や原因とは?

閉経が遅い人には、体質や生活習慣の影響を受ける傾向があり、一般的には、

  • 月経時の経血量が多い
  • 肥満傾向にある
  • 喫煙、飲酒習慣がない人
  • 適度な運動習慣がある人
  • ストレスの解消法を知っている、実践している人
  • 人生が充実し、ポジティブな思考の人
  • 質の高い睡眠を日々取っている人

こういった特徴がある人の場合には、元々エストロゲンの分泌量が多かったり、生活習慣のお陰で卵巣機能の低下がゆっくり進み、閉経が遅くなる傾向があります。

生活習慣を改善して更年期を遅らせる方法とは?

卵巣機能の低下や全身の酸化を防ぐことが、エストロゲンの分泌量の減少を最小限にし、閉経を遅らせることに繋がります。

そのためにも、体内のアンチエイジングが必要。

特に活性酸素による攻撃を子宮や卵巣は受けやすく、老化が進みやすい器官なので、活性酸素に対抗する抗酸化作用を活用することが大切です。

その為にも、禁煙・運動を行う・規則正しい生活習慣で過ごすということは基本的なこと。

喫煙習慣があると、閉経が1〜4年早まるというデータもあるので、喫煙している人はまずは禁煙から始めましょう。

ストレスを溜めずに発散するライフスタイルや意識も非常に大切で、ストレス過多の状態が続けば、それだけホルモンバランスも自律神経のバランスも悪化します。

その結果、プレ更年期になり、その流れで更年期→閉経という悪循環にはまってしまう人もいますので、十分に注意してください。

食習慣を変更して更年期を遅らせる方法とは?

抗酸化作用は、生活習慣だけではなく、食習慣の変更で高めることも可能。

特に抗酸化作用が強い、ビタミンCやビタミンEをしっかり摂取することで、活性酸素による卵巣のダメージを直接予防することに。

普段からインスタント食品や加工食品、冷凍食品ばかりを食べている人は、抗酸化作用がない食事担ってしまっているので、すぐに改善しましょう。

出来る限り、季節のものや非加熱調理で食べられるような食材を食べるようにすると、食材の持つ抗酸化作用を活用することができます。

ビタミンEに関しては、普段の食事では必要量を摂取しにくいものなので、天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールのような医薬品を活用すると効果的に摂取できます。

ビタミンEは若返りビタミンとも言われる非常に強い抗酸化作用を持っていますし、ホルモンバランスや自律神経のバランスにも良い影響を与えてくれます。

ビタミンについては、この記事が参考になります。

ビタミンEには更年期障害の症状緩和や改善に役立つ効能がある!

閉経を早める原因を紹介しましたが、日常生活で意識せずに、そのように過ごしていた人も多いのではないでしょうか?

特に30代以降の生活習慣をどうするのか、それが更年期を遅らせる重要なことですが、今からでも遅くないので、できることから改善していきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

40代前半の女性に多い更年期障害の初期症状と対処法とは?

日本人女性の場合、個人差はありますが40代前半になると徐々にプレ更年期の症状が出たり、閉経が近づくことで、更年期障害の症状が出始めます。 …

閉経と更年期障害の関係は、卵巣の機能低下が大きく影響するの?

閉経と更年期障害にはどのような関係があるのでしょうか? 加齢とともに卵巣の機能低下が起こることで、更年期障害の様々な症状を感じると言わ…

老化が早い人は更年期も早い、閉経後の女性は一気に老け込む!

更年期が早くきた女性は、老化も早い傾向があるのを知っていますか? 女性は閉経後に一気に老け込む傾向にあるので、更年期が早い人は女性ホル…

手足のしびれは更年期特有の症状、原因と自宅でできる克服法は?

手足のしびれは更年期の女性特有の症状で、更年期障害によるものと、何かしらの病気が原因の物がありますので、長期間続く場合は注意が必要です。 …

若年性更年期障害は20代や30代でも起こる、原因と治療法は?

ここ最近、20代や30代の女性でも、若年性更年期障害という更年期障害のような症状を発症する人が増えています。 若年性更年期障害の原因を…

女性の更年期対策サプリメントの使用にはリスクがあることも。

女性の更年期対策サプリメントの使用には、リスクや注意点があるという記事がありましたので、皆さんにもシェアしたいと思います。 実際に更年…