いつまで更年期障害の症状が続くのか?と疑問に感じている人がいますが、実は明確な答えがないなんです。

更年期障害で起こる様々な不調には個人差があり、軽度な人と重篤な症状に悩む人がいます。

そもそも更年期の開始時期や置かれている環境も違うので、一概に何歳で終わると説明することができません。

更年期障害の一般的な定義はあるが、個人差があることが問題!

日本人女性の閉経は、平均50.5歳と言われており、更年期とはその前後5年間の10年間を指す言葉。

だから一般的に更年期障害の症状を感じるのは、その10年間だけで、更年期が終わってしまう年齢になれば、頭痛や発汗などの様々な不調から開放されるはずです。

しかし更年期障害とは、非常に個人差がある症状で、そもそも更年期の定義である閉経も人によってその時期が大きく異なります。

最近は30代後半で早期閉経してしまう人も入れば、55歳になって閉経する人も。

前者の場合は、40代半ばで更年期が終わり、後者の場合は60歳になる頃に更年期が終わるんです。

これだけ期間が違うことも問題ですが、それだけではなく、更年期障害の症状の出方にも大きな違いがあります。

更年期障害の症状が出る一般的な期間と特徴とは?

一般的な話をすると、更年期の10年間の中でも症状が強く出るのは、2〜3年という人が多いようです。

しかし、更年期障害の症状を全く感じない人、日常生活に支障が出るほどに重篤な症状に悩まされる人など、その症状の出方は本当に様々。

過去には、閉経後10年以上経過してから、更年期障害の影響で疾患を発症するような人も。

これだけ千差万別なので、一概に更年期障害がいつまで続いて、いつ終わるのか?ということを説明することは出来ません。

ただひとつ言えることは、更年期障害の症状が一生続くことはないということ。

誰にでも訪れる更年期障害なので、誰もがその症状から解放されるタイミングがやってきます。

更年期障害がずっと続いているあなたは老齢期の不調かも?

一般的な話をすれば、45歳〜55歳が更年期で、55歳以上は老齢期になります。

もし更年期障害の症状が60歳や65歳になっても続いている様な場合、更年期障害の症状ではないかもしれません。

ネット上には、更年期障害の症状がずっと続いていて、いつまで経っても変わらないとか。更年期障害の症状は本当にいつまで続くものなの?という言葉が溢れています。

でもひとつ考えなければならないのは、医学的に更年期障害とは閉経を挟んだ前後5年間の合計10年。

それ以上 、更年期障害の症状が続く場合は、実は老齢期による不調かもしれません。

更年期障害のではなく、老齢期に起こりがちな高齢者うつなどの症状を、更年期障害の延長線上に併発してしまう人もいます。

そしてその状態を放置すれば、どんどん症状が悪化して、痴呆症やアルツハイマーなどのきっかけになることも。

でもどんなタイプの人が、更年期障害の症状が重症化しやすいとか。そういった傾向があるのでしょうか?

更年期障害の症状が重症化しやすいタイプはこんな人!

更年期障害の症状が重症化しやすい人には、幾つかの特徴があることがわかっています。

  • 性格がまじめな人
  • 几帳面な性格の人
  • 強いストレスを抱えている人

もしあなたがこのタイプに当てはまるのなら、少し注意した方が良いでしょう。

まじめな人性格だったり、几帳面な性格の人は、物事を深く考えてしまったり、どうにかしなければと我慢しすぎたり、更年期にうつを発症しやすくなります。

朝起きるのが面倒になったり、やる気が出ない日々が続くような場合には、できるだけ早いタイミングで病院で一度検査を受けたほうが良いでしょう

更年期障害だと思ったら、実は重篤な病気が原因だということも。

更年期障害の症状がいつまでも続いていると感じている人の中には、実は重篤な病気による症状が出ている人もいます。

更年期障害と同じような症状が出る病気には、高血圧症や心臓病、糖尿病や骨粗しょう症、バセドウ病や甲状腺機能障害、婦人科系の病気や膀胱炎などが隠れていることも。

そういった症状を見逃してしまうと、病状が悪化しますので、気になることがあった際には検診がてら病院で診察を受けることも大切です。

更年期障害の症状は加齢とともに弱まる傾向がある

数年前に行われた更年期障害の症状の強さに対する、年齢ごとの症状の推移では、40代が最も更年期障害の症状が強く、加齢とともに和らいでいくという傾向があります。

特に40代の強く出る更年期障害の症状は、

  • 腰や手足が冷えやすい
  • 頭痛、めまい、吐き気がよくある
  • 怒りやすく、すぐイライラする
  • くよくよしたり、憂うつになることがある
  • 疲れやすい

これらの症状は、加齢とともに徐々に和らぐ傾向がありますので、一時的に辛いかもしれませんが、いつか楽になると理解しておきましょう。

更年期障害には、個人差が非常に強く出るので、いつまで症状が続くとか、いつになったら終わるとか明確な解説をすることが出来ません。

でもひとつ言えることは、更年期障害の症状ならば、いつかは終わるということ。

今回説明したように重篤な病気が隠れていることもありますので、もしも気になることがあれば、早めに病院で診察を受け、状況を把握するようにしましょう。

そうして安心した状態で、更年期障害と付き合っていくことが非常に大切です。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

低体温が更年期障害の症状を悪化させる、35度台の平熱は注意!

更年期に低体温の状態が続くと、更年期障害の症状を悪化させる状況になりやすいということを知っていますか。 更年期だけではなく、ここ数年、…

甘酒が更年期障害の症状に効果的だと話題、飲む点滴はスゴイ!

甘酒を飲むことで、更年期障害の原因医効果的に作用し、症状改善に役立つ効果があると、2017年放送の林修の今でしょ講座でも話題に! 女性…

エストロゲンの減少が更年期障害の原因、増やす方法はないの?

卵巣機能の低下で、女性ホルモンのエストロゲンが減少することが、更年期障害の原因だということがわかっています。 女性の更年期障害の症状を…

更年期を遅らせる方法を知って、閉経までの期間を伸ばそう!

更年期を遅らせる方法を知ることで、、閉経までの期間を伸ばすこともできます。 実際に閉経が早い人や遅い人の違いには、どのような原因や特徴…

トコフェロンEナチュールのビタミンEが更年期障害に効果的?

薬日堂の天然ビタミンE配合の医薬品である、トコフェロンEナチュールのが更年期障害に効果的だと評判です。 実際にトコフェロンEナチュール…

ストレスが更年期障害の症状を悪化させ、精神的な不調の原因に。

ストレスを感じやすい性格の人は、更年期障害の症状を悪化させる傾向があります。 さらに身体的な不調だけではなく精神的な部分にも影響し、自…