更年期脂肪という言葉を知っていますか?元々は、小林製薬がビスラットゴールドという商品を販売する為に作った言葉。

更年期の女性に多い余分な場所につくお肉で、肥満や見た目年齢の老化に悩む女性の健康管理やダイエットを促進するために必要な考え方です。

ビスラットゴールドのような肥満症改善薬を使わないと、更年期の女性が痩せにくい理由があるのを知っていますか?

更年期脂肪は、女性の老化をどんどん悪化させる問題!

更年期の女性は、実は人生の中で最も太りやすく、痩せにくい時期に突入しているということを理解していますか?

若い頃はスリムな体型を維持していたような人でも、更年期になり体質やホルモンバランスが大きく変動することで、太りやすい体質に変化します。

中年以降の男性にメタボがあるように、更年期の女性にもメタボが。

しかもお腹周りだけではなく、背中にお肉がついたり、今までほっそりしていたついて欲しくない場所にお肉がついたりと・・・非常に残念な見た目になり、老化が促進されます。

そうならないためにも、更年期になったら、女性は意識的に体型を維持するような行動を取らなければならず、それを忘れてしまうとどんどん太ってしまい、肥満に悩むことに。

更年期脂肪は、生活習慣病のきっかけにもなる

単に見た目だけの話なら、更年期脂肪なんて気にならないという人もいらっしゃるでしょう。

確かに更年期になって、無理なダイエットをしたり、激しい運動を続けるのは、非常に難しい話ですし、痩せにくいので、結果も出にくい状態になっています。

更年期脂肪を放置し、肥満体型になってしまうことでどんな問題が起こるのか?

様々な生活習慣病のリスクが上昇します。

高血圧、糖尿病、心筋梗塞など、命にかかわるような重篤な病気を発症する可能性が高まるというのは、あまり嬉しい話ではありません。

見た目的に大きな変化がなくとも、基礎代謝が低下している状況では内臓脂肪が急増し、メタボリックシンドロームの様な状態になっている人も。

それが更年期脂肪の怖いところ。

でも更年期に肥満体型になりやすい理由って、そもそもどのような原因なのでしょうか。

更年期の女性が太りやすい3つの理由とは?

更年期脂肪だけではなく、更年期の女性には非常に太りやすい理由がいくつもあるんです。

だからこそ、人生で最も太りやすい時期だとお伝えしているわけで・・・。

女性の私からしても、できれば回避したい更年期脂肪ですが、やはりそう簡単には更年期の太りやすい体質を避けるのは難しそうです。

では実際にどのような原因で、更年期になると太りやすくなるのかと言えば、

女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の低下

更年期になり、女性の体質が大きく変わる一番の原因が、女性ホルモンのエストロゲンの減少。

それまでしっかり分泌されていたエストロゲンが、更年期の後半になる頃には、男性よりもその分泌量が低下してしまいます。

実はエストロゲンには、体内のコレステロール値を低く保ち、内臓脂肪が付きにくくなるような作用もあります。

しかし、更年期の女性はエストロゲンの分泌量が激減しますので、コレステロールに対するエストロゲンのサポートが受けられなくなり、脂肪の代謝力が低下し、太りやすくなってしまいます。

更年期になると筋肉量や基礎代謝が低下する

さらに更年期になると、女性は様々な更年期障害の症状に悩まされたり、家事や仕事が忙しく、運動や体を動かす機会が減少します。

男性に比べると、元々筋肉量が少ない女性がさらに運動しなくなることで、筋肉量は大幅に低下しますので、基礎代謝も低下して太りやすい状態に。

さらに体内の酵素量も加齢とともに低下しますので、消化酵素が優先的に作られ、代謝酵素まで作ることができなくなり、その影響でさらに基礎代謝が低下します。

その結果、どんどん体内に糖質や脂肪が溜まりやすい状態になり、徐々に肥満体型へと変化することに。

更年期になるとメタボ体質に変化する

中年男性にメタボ体質が多いですが、女性に少ないのはエストロゲンのおかげ。

でも更年期になると、エストロゲンのサポートを受けられなくなり、内臓脂肪がどんどん蓄積されます。

これまではエストロゲンのお陰で皮下脂肪として蓄えられていた脂肪が、内臓脂肪として蓄えられることで、男性のようなメタボ体質に。

特に50歳以降にこの助成のメタボ化が急激に進行することがあり、その場合には、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の危険性が高いことを理解して、改善&注意する必要があります。

小林製薬のビスラットゴールドの効果とは?

更年期脂肪の解消を提唱しているのが、小林製薬のビスラットゴールドという医薬品。

ビスラットゴールドには、漢方薬の一種である大柴胡湯(ダイサイコトウ)が含まれています。

大柴胡湯とは、サイコを中心にして、オウゴン、ダイオウ、キジツ、タイソウ、シャクヤク、ハンゲ、ショウキョウの8種類の生薬で構成されています。

大柴胡湯には、肝臓での脂質代謝を高める作用が期待できることで、更年期脂肪の状態を改善できると考えられています。

人間の体内で脂質の代謝を主に行っているのが、肝臓の役割。

肝臓の脂質代謝が低下すると、分解できなかった余分な脂質が血液内に流れ込んで、コレステロール値の上昇や生活習慣病のきっかけに。

だから肥満症改善薬として、ビスラットゴールドを飲むことで、肝臓の脂質代謝を正常化&活性化させようというもの。

でも肝臓の機能を活性化して、コレステロール値の抑制であれば、ビタミンEでもできるのを知っていますか?

ビタミンEをしっかり摂取すると肝臓の機能が活性化される!

小林製薬のビスラットゴールドのような商品では、肝臓に対する作用しかありませんが、ビタミンEをしっかり摂取することは、全身に良い効果があります。

ビタミンEの持つ肝臓に対する効果だけでも、

  • 優れた抗酸化作用を発揮
  • コレステロール値の低下
  • 血行促進効果で肝臓の機能を維持

ビタミンEは肝臓だけではなく、体内の全ての臓器や細胞に対して、非常に優れた抗酸化作用を発揮しますので、全身の健康維持に役立ちます。

また血行促進効果があることで、更年期に起こりがちな自律神経に関する様々な症状を緩和&改善させる効果も。

さらに更年期の初期にはうれしい、ホルモンバランスを正常化させる効果も期待できるので、エストロゲンの分泌量を維持することで、体質の変化を最小限にしてくれます。

この様に肝臓だけではなく、全身に対して良い効果があるビタミンEですが、食事で摂取できる量には限界があり、実際の効果を実感する為には、600mg/日以上の継続的な摂取が必要です。

だからこそ、トコフェロンEナチュールのような医薬品を活用することで、日常的にしっかりとビタミンEを摂取し続けることが大切。

更年期脂肪の原因を改善できるのは、ビスラットゴールドのような医薬品だけではありませんので、もう少し広い視野で物事を考えると、全身の老化を予防でき、健康で元気に過ごすことができると思いますよ。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

エストロゲンの減少が更年期障害の原因、増やす方法はないの?

卵巣機能の低下で、女性ホルモンのエストロゲンが減少することが、更年期障害の原因だということがわかっています。 女性の更年期障害の症状を…

老化が早い人は更年期も早い、閉経後の女性は一気に老け込む!

更年期が早くきた女性は、老化も早い傾向があるのを知っていますか? 女性は閉経後に一気に老け込む傾向にあるので、更年期が早い人は女性ホル…

睡眠時間が女性の更年期障害に影響、不眠症や睡眠不足が原因に?

不眠症や睡眠不足など睡眠時間が短い女性の場合、更年期障害の症状が悪化する可能性が高まると言われています。 しかし更年期の女性には、不眠…

閉経と更年期障害の関係は、卵巣の機能低下が大きく影響するの?

閉経と更年期障害にはどのような関係があるのでしょうか? 加齢とともに卵巣の機能低下が起こることで、更年期障害の様々な症状を感じると言わ…

低体温が更年期障害の症状を悪化させる、35度台の平熱は注意!

更年期に低体温の状態が続くと、更年期障害の症状を悪化させる状況になりやすいということを知っていますか。 更年期だけではなく、ここ数年、…

更年期の生理周期とは?閉経までは生理不順が続く女性がほとんど

更年期の女性の生理周期には、どのような特徴があるのでしょうか? 年齢によって生理周期が異なり、閉経まで様々な変化をしながら50歳前後で…