足の痛みや手足のしびれや不調も、更年期障害を発症している女性に多い症状のひとつです。

神経痛や関節痛を発症していることもあり、太ももから足首まで全体が痛いという人もいるほど、更年期には起こりやすい症状。

実際にどのような自覚症状があるのか、病気等の影響は?自分でも改善できる方法も含め、解説します。

更年期の女性には、足の痛みやしびれ、関節痛の症状が増える要因が多い!

更年期の女性に多いのが、関節を支える筋肉量の低下や関節の軟骨が弱ることで起こる手足のしびれや関節痛。

このような症状は最初は軽くしびれるようなピキピキという痛みから始まり、症状が悪化した場合には、はっきりとした痛みを感じるようになります。

そしてその症状が進行すると、手足を動かしにくくなったり、物を持つ時に力が入らなかったり、かかとが痛くて歩けなくなるなど、生活に影響を及ぼすこともあります。

このきっかけになるのが、女性ホルモンのエストロゲンの減少。

エストロゲンには、関節の動きを滑らかにする潤滑油の様な効果もあり、その分泌量が減少する影響で次第に関節のコラーゲンもすり減って減少し、軟骨までもすり減っていくという悪循環に。

そして、足の痛みの症状がどんどん進行します。

更年期の女性の足の痛みですが、

  • 極端に痩せている人
  • 肥満体型の人
  • 運動不足や、運動習慣がなかった人

に強く出る傾向がありますので、もしあなたが上記いづれかに当てはまる場合には、更年期以降は足の痛みの症状を発症しやすいと理解しておきましょう。

足の痛みの原因は、足には負荷がかかっている影響もある

普段の生活で足にどのような負荷がかかっているのか?ということを考えたことがありますか?

足首から下の部分だけで考えても、歩行時には片足につき体重の1.5倍、走った際には体重の約3倍もの負荷がかかっていることがわかっています。

その負荷を少しでも軽減するために、足には全身の4分の1もの骨が集中し、普段の生活を支えています。

両足にある骨の数は52本、関節は66個、靭帯は214本とあなたが考えている以上に足は複雑な作りをしているために、全身に様々な影響を与えることも。

実際に7割の日本人が足に何かしらのトラブルを抱え、それが骨格構造の歪みにも影響し、足の痛みを発症する原因にもなっています。

更年期の女性の足の痛みは病気の可能性もある

複雑な構造の為に、様々なトラブルの原因を抱えていることの多い足ですが、更年期の女性に多いのは更年期障害の影響だけではなく、様々な病気をきっかけとした足の痛み。

  • 外反母趾
  • 足底筋膜炎
  • 関節リウマチ
  • 膠原病
  • 過剰骨
  • 腫瘍・潰瘍
  • 爪や皮膚のトラブル
  • 糖尿病

こういった明らかな原因がある場合もありますので、更年期特有の足の痛みと放置せずに、症状が強い場合や何かしらの疾患が疑われる場合には、早めに病院で検査するようにしましょう。

更年期以降に増える手足の痛みやしびれ等の特徴的な症状とは?

更年期になると、幾つかの特徴的な症状が手足に現れる事がありますので、簡単に紹介すると・・・

  • 朝起きると、関節がこわばってバキバキしている様な感じになる
  • ぶつけたわけでもないのに、歩こうとするとかかとが痛む
  • 足の甲に痛みが出て、歩きにくくくなる
  • 手に力が入りにくく、物を持ちにくくなる
  • 手足のしびれがなかなか改善しない
  • 手首の痛みがあり、なかなか改善しない

こういった症状の場合、更年期特有の場合が多いのですが、病院で一度検査を受け、疾患との兼ね合いも確認すると安心できるかと思います。

もし更年期特有の症状の場合には、自宅でできる対処法を行うのもひとつの方法。

自宅でできる更年期特有の足の痛みを解消する方法とは?

更年期の女性の多い、足のしびれや関節痛などの足の痛みに関する様々なトラブルですが、自宅でもできる改善法がありますので、是非実践してみてください。

自宅で足の痛みを解消する際に大切なことは、決して冷やさない。

痛みがあると冷やしたほうが良いのかも?と思うかもしれませんが、更年期特有の症状の場合には、冷やすと症状が悪化しますので、温めるようにしましょう。

ただ症状がひどい場合には、稀に炎症が起こっていることも考えられます。その際には、冷やすのが基本ですので、わからない場合には一度病院で検査を受けると良いと思います。

半身浴で関節を温めたり、血流を改善する

ぬるま湯(38〜40度)の半身浴は、更年期障害で起こる様々な症状を改善する万能薬のような方法。

関節痛や手足のしびれも、患部を温めたり、血流を改善することで症状が徐々に軽くなります。

さらにぬるま湯の半身浴だと、副交感神経が優位になり、リラックス効果も高まりますので、更年期の女性にはおすすめの入浴法。

お風呂の中で読書をしたり、音楽を聞いたり、DVDを見ていればあっという間に時間が経過しますので、日頃の疲れを癒やすためにも入浴時間を活用しましょう。

手足のしびれが気になるようなら、手足の指先から心臓方向に向けてマッサージを行うと、さらに入浴効果が高まりますので、非常におすすめです。

暖かい服装をして、関節を冷やさないようにする

血行不良を改善したり、血流を良い状態に保つためには、身体を冷やさずに温めることが大切。

関節痛がひどければ、ヒザやヒジなどを覆うサポーターを活用するのもひとつの方法ですし、それで筋力不足を補うこともできます。

ただ硬すぎるサポーターや、筋肉の動きをサポートし過ぎるタイプの場合、逆に筋力低下の原因になることも。

サポーターを活用するなら、柔らかい素材のものを選んで使うようにしましょう。

カルシウムやコラーゲンを積極的に食べるようにする

骨格や軟骨の原材料になるカルシウムや、コラーゲンを普段の食事で摂取することも大切。

カルシウムは小魚や乳製品、コラーゲンは豚足や手羽先、エビや魚の皮にも含まれていますので、和食を食べる機会を増やすと良いでしょう。

血液サラサラ効果のある食材、低コレステロールのものでドロドロ血液を予防することも手足のしびれを防ぐことに繋がります。

高脂肪で肥満体型になると、膝の痛みや足の痛みが出やすい特徴もありますので、食事内容を考えて、太らないように体重のコントロールを行うことも大切。

更年期の女性の多くが足の痛みの症状を感じていますので、少しでも自分でできる改善法や対処法を実践して、少しでも痛みを軽減したり、予防するようにしましょう。

ただ肥満予防に、食事制限を伴うダイエットを行うのは間違いですので、運動を行ったり、食事内容を変更する方法を選ぶようにしてくださいね。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

アロマテラピーは更年期の不調に効果的で気軽にセルフケアできる

精油やアロマオイルを使用したアロマテラピーが、更年期障害や更年期の不調に効果的で、気軽にセルフケアできると話題です。 自然療法としても…

頭痛も更年期障害の症状、緊張型頭痛が多いけど病気の可能性も?

頭痛も更年期障害で多くの女性が感じる症状のひとつ。 緊張型頭痛や偏頭痛の症状が出る人が多いですが、病気が隠れている可能性もあるので、要…

首の痛みも更年期の女性に多い症状、血行不良や病気が原因かも?

更年期の女性には、首の痛みに悩まされている人も多く、それが原因で頭痛や肩こり、背中の痛みなどの症状を実感することに。 特に女性の場合、…

乗り物酔いや車酔いが、女性は更年期になると悪化するって本当?

更年期障害の症状の進行に合わせて、乗り物酔いや車酔いが悪化すると言われていますが、本当なのでしょうか? 乗り物酔いが発生するメカニズム…

うつ病や不安感の症状も更年期障害で起こる、原因と対処法は?

更年期障害で起こる不安感やホルモンバランスの悪化が原因で、自律神経失調症やうつ病などを発症してしまう人がいます。 一度うつ病になると、…

攻撃的な性格や重度のイライラが女性の更年期障害の症状で多い?

更年期障害の症状の中でも、情緒不安定になり、急に攻撃的な性格や重度のイライラが収まらなくなる女性が増えます。 なぜ急に不機嫌になってし…