食事や食材など食生活全般を改善することが、更年期障害の症状緩和に役立つのを知っていますか。

プレ更年期のタイミングから、食生活を意識的に行うことで、更年期障害の症状を防いだり、軽くする効果もあるんです。

実際にどのような食事を毎日食べることが大切なのか、気になる更年期障害と食事の関係性を紹介します。

食事内容で更年期障害の症状を緩和することができる

更年期の女性が更年期障害の症状を実感するのは、女性ホルモンのエストロゲンの減少と、自律神経のバランスの悪化が原因。

このふたつの原因を改善できる成分を普段の食事でしっかり摂取することで、更年期障害の症状緩和に役立つ効果が期待できます。

では実際に、普段の食事でどのような栄養素を摂取すればよいのか?

とその前に、更年期障害障害の予防に役立つ食生活を紹介し、その後、更年期障害の症状緩和に役立つ栄養素について解説します。

更年期障害の予防には、30代の食生活が大事!

更年期障害を発症する前のプレ更年期のタイミングに、どのような食生活を送っていたのかということが、実は更年期障害の予防に役立ちます。

もしあなたの食生活が下記に当てはまるようなら、十分に注意してください。

  • 間食や夜食を日常的に食べている
  • 栄養バランスを考えず、好き嫌いが多い
  • スナック菓子やインスタント食品が好き
  • 食材から調理した家庭料理を食べていない
  • 過度なダイエットを行っている

多分、これらのいずれかに当てはまる項目がある女性が多いのではないでしょうか。

女性の社会進出が進み、多忙やストレスが原因で食生活が乱れがち。

その結果、更年期障害の症状を重くしたり、プレ更年期のような症状を感じる人が増えています。

更年期障害を予防&症状を軽くする為にも、30代の食生活は栄養バランスをしっかり考えたものにするようにしましょう。

ビタミンEがホルモン分泌に役立つ

ビタミンEの血流促進効果を期待して、更年期障害の症状緩和に役立てている人も多いですが、実はビタミンEには、ホルモン分泌調整作用もあります。

だから女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起こる、更年期障害の症状を軽減する効果が期待できるという側面も。

ビタミンEは、ナッツ類やかぼちゃ、アボカドなどに豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

亜鉛がホルモンバランスに役立つ

更年期障害のきっかけになるのが、卵巣の機能低下ですが、実は卵巣には多くの亜鉛が含まれています。

そして亜鉛には、ビタミンE同様にホルモンバランスを整える作用があり、エストロゲンの減少を抑制する効果が。

亜鉛は、牡蠣やレバー、胡麻などに豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

大豆イソフラボンがエストロゲンをサポート

更年期障害のきっかけが女性ホルモンのエストロゲンの減少で起こるので、化学式的にエストロゲンと似ている大豆イソフラボンを摂取することは大切。

大豆イソフラボンを摂取すると、骨粗しょう症の予防、ホットフラッシュなどの更年期特有の症状の改善に役立ちます。

大豆イソフラボンは、豆腐や納豆、味噌などの大豆製品に豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB1が自律神経をサポート

ビタミンB1は神経に作用するビタミンとも言われ、不足することで集中力が欠如したり、異常な眠気に襲われたり、精神的に不安定なイライラ状態になります。

うつ病や自律神経失調症の症状を発症している人には、積極的な摂取が推奨されているビタミンで、水溶性のために、過剰摂取による副作用はありません。

ビタミンB1は、玄米や麦芽米、納豆や豚肉に豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンB12が自律神経をサポート

ビタミンB12は、ビタミンB1と並んで、自律神経などの神経系統を正常化する作用があり、不足することで、抑うつ感や不眠、ストレス状態や疲労感などの症状を感じます。

過度に不足すると精神面への影響だけではなく、ウェルニッケ脳症などの神経障害を発症するなど非常に大切な栄養素です。

ビタミンB12は、あさりや牡蠣、すじこやあん肝などに豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンCがストレス解消に役立つ

ビタミンCには、ストレスに対抗して体を守るホルモンの原材料という側面もあり、更年期のイライラ緩和にも効果的に作用します。

抗酸化作用もあり、体内の活性酸素を除去し、老化を予防する効果も期待できますし、美容面でもビタミンCには役立つ効果がありますので、うまく活用しましょう。

ビタミンCは、レモンやいちご、ほうれん草やブロッコリーなどに豊富に含まれていますので、積極的に摂取するようにしましょう。

このようにプレ更年期から更年期にかけては、バランスの良い食生活を送ることが症状抑制や、症状のか以前に役立つ効果が期待できます。

特にここ最近は、インスタント食品や冷凍食品などの加工食品も多く、手間なく食べられることで、そういった食品ばかり食べ、栄養バランスが乱れている人も。

自宅で食材から調理すること、旬の食品を食べるようにすることで更年期に起こる不調を改善できますので、積極的に活用していきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

ワキガや脇汗も更年期障害の症状、突然の多汗症に悩む女性も?

更年期になった途端に、突然に脇汗の量が増え、ワキガになったかもと不安になる女性が増えます。 実は更年期の多汗症や脇の臭いの変化も、更年…

のどの違和感は咽喉頭異常感症かも。更年期障害で起こる症状!

更年期にのどの違和感を感じたら、更年期障害の症状のひとつの咽喉頭異常感症かもしれません。 ストレスがきっかけで起こる咽喉頭異常感症は、…

首が痛いのも女性の更年期障害で多い症状、原因と治療法とは?

首が痛いのも、日本人女性の更年期障害で多い症状のひとつだということを理解していますか。 なぜ更年期になると、首が痛い女性が増えるのか?…

微熱も更年期障害の症状、でも病気が原因で発熱してるのかも。

微熱も更年期障害の症状ひとつなのを知っていますか? でも更年期の微熱や発熱が長期間続く場合は、病気が原因の可能性もあるんです。 …

更年期に首の後ろが熱い原因がホットフラッシュって本当?

更年期になると、首の後ろが熱い症状や不調を感じる女性もいるようですが、その原因がホットフラッシュって本当なのでしょうか。 更年期障害の…

更年期の月経過多や出血量の多い生理はストレスや自律神経が原因?

更年期の女性に増えるのが、月経過多の症状や大量の出血量に驚かされる生理ですが、どのようなことが原因なのでしょうか。 ストレスや自律神経…