エクオールという大豆イソフラボンの一部の成分が、女性の更年期障害の症状改善に効果的だと話題になっていますが、本当なのでしょうか?

気になるエクオールの更年期障害への効果や、エクオールの特徴などをまとめて紹介します。

大豆イソフラボンを摂取しても、実はエクオール産生菌を持っていないと、その効果を実感できない現実があったんです。

大豆イソフラボンが更年期障害に役立つのは、エクオールのおかげ!


エクオールという成分は、更年期に近づいた女性なら一度は耳にしたことがあると思います。

以前は、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンのエストロゲンに似た効果を発揮すると言われていましたが、実際には違ったんです。

エクオールとは、大豆イソフラボンを摂取した際に、体内で変換されて出来る物質で、エクオール産生菌という腸内細菌の影響で生み出されます。

だからエクオール産生菌がない女性が、大豆イソフラボンを大量に摂取しても、エストロゲンの減少の代替になる作用を得ることができないということに。

でも実際にどの程度の女性が、エクオール産生菌を持っていると思いますか?

エクオール産生菌を持つ女性は、実は非常に少ししかいなかったんです。

エクオール産生菌を持つ女性の割合とは?

大豆イソフラボンをエクオールに変換するエクオール産生菌ですが、以前は日本人の2人に1人は保菌者だと考えられていました。

しかし、更年期障害の症状を持つ60歳代の女性を対象に行った調査では、約3割しか保菌しておらず、実際のエクオール産生菌の保菌者の割合が少ないことがわかっています。

さらに更年期障害の症状の有無を問わずに行われた、700名を超える20代〜80代の女性を対象にして行った調査でも約3割という結果に。

これまで思われていた以上に、日本人のエクオール産生菌の保菌者は少ないことが調査の結果判明しました。

エクオール産生菌を持たない女性の場合、大豆イソフラボンをサプリメントで大量に摂取しても、エクオールを生み出せないので、その効果をしっかり得ることは出来ません。

でもあなた自身で、エクオール産生菌の有無を調べたこともないと思いますし、まだまだ一般的ではないので、そういった調査も積極的に行われていないのが実情。

だから3割しか保菌者がいないと言われると、自分がどちらに当てはまるのか?非常に不安になると思います。

エクオール産生菌がない人は、更年期障害の症状が重い傾向がある

実際の更年期障害の症状をエクオール産生菌の有無で比較すると、エクオール産生菌がない人は、より更年期障害の症状が強く出る傾向があることがわかっています。

今までは大豆イソフラボンの化学式が、エストロゲンに似ていると言われていましたが、大豆イソフラボンではなく、エクオールの化学式がエストロゲンに似ているんです。

だからエクオールを産生することができなければ、大豆イソフラボンの持つ効果を十分に得ることができずに、更年期障害の症状が強く出る傾向があると理解した方が良いでしょう。

エクオール摂取とホルモン補充療法の効果の違いとは?

女性の更年期障害の治療方法として、最も一般的なものはホルモン補充療法ではないでしょうか?

しかし、ホルモン補充療法には様々な副作用があることもあり、敬遠したいと考える人がいるのも事実です。

そこで代替療法として、エクオール摂取が効果的なのではないかとして、様々な研究が行われることに。

実際にホルモン補充療法とエクオール摂取を比較すると、1ヶ月目の経過を見る限りでは、ホルモン補充療法の方が即効性があり、特に汗やほてりの症状改善に役立つ事がわかっています。

しかし3ヶ月目に入ると、エクオール摂取で症状の改善を実感できる人の割合は8割ほどになり、ホルモン補充療法の初月が9割なのと比較しても、効果を実感できる人の割合が増加。

副作用の起こりにくい代替療法として、十分に活用できるのではないかと期待が高まっています。

エクオール摂取は、更年期の血圧や動脈硬化に効果的!

エクオール摂取で最も効果が出ているのは、血圧や動脈硬化に対する影響。

女性ホルモンのエストロゲン様作用は、血管や骨に対して優位に作用することがわかっています。

特に動脈硬化に関しては、研究段階ですが、ホルモン補充療法よりも効果的に作用することが確認されています。

また閉経世代の女性のエクオール産生菌保有者は、非保菌者よりも脂質や内臓脂肪、動脈硬化の状態が良好であることもわかっています。

これらのことを踏まえると更年期太りや更年期以降の肥満対策に、エクオールの摂取が効果的だという期待が高まります。

そういった意味では、エクオールの摂取とビタミンEの摂取は似たような効果があると考えられますので、これらをうまく組み合わせることで相乗効果も期待できることに。

ただエクオールの効果を実感する為には、最低でも半年以上、できれば1年間はエクオールの継続摂取が必要ですので、そういった部分は予め理解する必要があります。

エクオールを摂取することで、子宮筋腫の増大や不正出血などの副作用は出ていませんので、より安全な代替療法としての今後の発展を期待したいところです。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

エストロゲンの減少が更年期障害の原因、増やす方法はないの?

卵巣機能の低下で、女性ホルモンのエストロゲンが減少することが、更年期障害の原因だということがわかっています。 女性の更年期障害の症状を…

更年期障害とパニック障害の関係性、症状が似ているけど違いは?

更年期障害とパニック障害は実際に感じる症状が似ていますが、深い関係性があるのでしょうか。 更年期の女性に多い、動悸や息切れ、突然の発作…

生理不順に不正出血も更年期障害の症状、特徴や役立つ対策を紹介

更年期になると、急に生理不順になったり、不正出血が増えたりと様々な更年期障害の症状が起こります。 更年期障害の症状として、最も最初に実…

更年期を乗り切るヒントを紹介、毎日の過ごし方で症状も変わる!

更年期障害は、女性も男性も辛いものなので、うまく乗り切るヒントを知ることで、日々の生活の質が変化します。 実際にどのようなことを意識し…

ストレスが更年期障害の症状を悪化させ、精神的な不調の原因に。

ストレスを感じやすい性格の人は、更年期障害の症状を悪化させる傾向があります。 さらに身体的な不調だけではなく精神的な部分にも影響し、自…

軽減、緩和したい更年期障害。毎日の食事で摂取すべき栄養素は?

つらい更年期障害の様々な症状を軽減&緩和したい人が、毎日の食事で摂取すべき栄養素は言ったいどのようなものでしょうか? 女性ホルモンのエ…