更年期になると女性は太りやすくなり、ダイエットをしてもなかなか痩せないという現実に直面します。

でもなぜ更年期のダイエットは失敗しやすいのでしょうか、その理由から考えられる対処法とは?

更年期にダイエットを本当に成功させたい女性が大切にすべきポイントを紹介します。

更年期以降の女性は太りやすくなることを理解しよう!

ダイエットをしたいあなたには少し残酷な話かもしれませんが、女性は更年期になるとどんどん痩せにくくなり、逆に太ったり、体型が崩れやすくなります。

その一番の理由が、女性ホルモンのエストロゲンの減少。

実はエストロゲンには、女性ホルモンとしての作用以外にも、コレステロールの増加を抑制する効果があります。

だから更年期以降に、卵巣機能の低下でエストロゲンの分泌量が低下すると、コレステロールが増加し、体重が増えやすくなります。

さらにエストロゲンの減少で、更年期障害が起こるように自立神経のバランスが乱れ、基礎代謝が低下して痩せにくく、太りやすい体質に変化。

そこに追い打ちをかけるのが、筋肉量が低下することで起こる基礎代謝の低下です。

筋肉は体内でも最も大量のエネルギーを消費する部位なので、筋肉量の低下は基礎代謝の低下に直結し、自立神経のバランスが相乗的に悪影響を与えます。

更年期の女性には、食事量や運動量などが変わらないものの、なぜか太り始めてしまう人が多いのもこのような理由から。

まずは更年期の女性が痩せにくく、太りやすい状況であることを真っ先に離開することが基本です。

更年期の女性でも方法を間違えなければ痩せられる

ここもしっかり理解して欲しいことですが、更年期になると女性は痩せないのか?みんな太ってしまうのか?と言えば、そうではありません。

更年期の女性でもダイエットに成功した人もいますし、若い頃から素敵なプロポーションを維持している人もいますので、無理な話でもないんです。

でも更年期に太りやすい理由があるように、更年期だからこそ実践すべきダイエット方法があります。

しっかりとしたダイエット方法を実践すれば、更年期でもしっかりダイエットに成功することができますので、その方法を理解して実践するようにしましょう。

更年期におすすめのダイエット方法とは?

更年期にダイエットをする前に、まずは自分が標準体型なのか?それとも太り過ぎなのか?を知ることも大切です。

国際基準で肥満の判定に使われる指標がBMI。

このBMIが22〜25が標準体型だと考えられていますので、まずは自分の体型がどうなのかをチェックしてみてください。

BMI→体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

この計算式に数値を当てはめるだけで、BMI値が計算できますし、ウェブ上には身長と体重を入力するだけでも計算できるサイトが多数ありますので、それを使うのも方法のひとつ。

その上で、これから紹介する更年期に適したダイエット方法を実践しましょう。

更年期にダイエットするなら、1日3食は基本

更年期にダイエットをする際にも、摂取カロリーを減らすことは大切ですが、1日3食、バランスよく食べることは基本です。

主食はお米にして、小麦粉はできるだけ摂取しないようにしましょう。白米に五穀米などの雑穀を混ぜるのも効果的。

おかずは高タンパク低脂肪、油ものなどのハイカロリーなおかず、レトルト食品やインスタント食品などは避けるようにします。

野菜や海藻類、魚介類やきのこ類など季節の食材を購入して、自宅で調理するようにしながら、腹八分を心がけましょう。

野菜は温野菜にしたり、お味噌汁を飲んで身体を温めることで、冷えを予防&改善するのも代謝に影響しますので、冷やさない食材を選びや調理方法も基本です。

食べないではなく、いかにバランスよく食べるのかを意識しましょう。

更年期にダイエットするなら、無理のない運動を続ける

食事でバランスのよい栄養素を摂取したら、それを排出したり、脂肪燃焼するためにも運動は必要。

無理な運動を短期的に行うよりも、軽くても日々続けられる運動を行う方が、更年期には向いています。

急にマラソンやジョギングを始めると、ヒザや腰を痛めることにもなりかねませんので、軽い運動から始めることは大切。

それと更年期のダイエットは、結果が出るのが随分先ですので、焦らないことが必須です。

太ももやお尻、腹筋や背筋という大きめの筋肉を鍛える様な運動を行うと、消費カロリーも大きいので、どの筋肉を使う運動なのかも考えてください。

更年期のダイエットに効果的なのは、30分以上のウォーキング。

有酸素運動はインナーマッスルを鍛えてくれたり、呼吸器系にも良い影響がありますし、ふくらはぎが鍛えられることで、血流改善効果も期待できる。

特に難しい道具も技術も不要で、誰でもどこでもできる運動方法なので、何をすればよいかわからない時には、近所の散歩から始めてみてください。

更年期にダイエットするなら、血糖値も意識する

急激に上がった血糖値は、インスリンの分泌を促進し、インスリンの影響で血液内の糖が脂肪に変化して、体内に蓄積されるようになります。

低GI食品を選んで食べることで、血糖値の上昇を抑制することも、脂肪を増やさない事につながります。

更年期のダイエットを成功させるには、太らないようにすることや太る理由を排除することも大切。

その為にも何を食べるのか?血糖値を急上昇させる食品ではないのか?を確認することも必要です。

量が少なくとも血糖値の急激な増減を繰り返していると、太りやすくなりますので、十分に注意してください。

更年期という太りやすく、痩せにくい時期に行うダイエットは、基本的な部分を抑えつつ、継続することが大切ですので、じっくり腰を据えて取り組んでいきましょう。

それがあなたを更年期太りから救い出してくれる方法のひとつです。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

動悸・息切れも更年期障害の症状、原因と対策方法を解説します!

更年期の年齢になると、更年期障害の症状のひとつに動悸や息切れを感じることもあります。 更年期に起こる動悸や息切れの原因や対策方法を紹介…

腹痛や下腹部痛も更年期障害の症状だけど、病気が原因かも?

更年期の女性に多いのが、腹痛や下腹部痛の症状を感じているものの、自己判断で放置してしまうこと。 更年期の腹痛や下腹部痛には、更年期障害…

ビタミンEには更年期障害の症状緩和や改善に役立つ効能がある!

ビタミンEを摂取することで、女性の更年期障害の症状緩和や改善に役立つ効果や効能があるのを知っていますか? 実際にビタミンEを普段の食事…

ポリフェノールは更年期障害の症状改善に効果的な成分なのか?

ポリフェノールは、更年期障害の症状改善に効果的な成分だと言われていますが、本当なのでしょうか。 そもそもポリフェノールにもいくつもの種…

プラセンタ注射は更年期障害の治療に役立つ効果が期待できるの?

プラセンタ注射は、更年期障害の治療に役立つ効果が期待できるのでしょうか。 気になるプラセンタの本当の効果とは?サプリメントと注射では使…

牛乳が女性の更年期障害の症状を緩和したり、予防するって本当?

更年期の女性が牛乳を積極的に飲むことで、更年期障害の症状を予防したり、改善したりする効果があると言われています。 実際に更年期の女性が…