認知症と更年期障害で起こる記憶力低下や、物忘れの関係性についてすごく気になっていませんか?

男性よりも女性に多い更年期障害の物忘れ。認知症や痴呆症を活性化させる原因になるのでしょうか。

気になる更年期以降に起こる認知症に関する情報をまとめて紹介します。

認知症と更年期障害の物忘れや記憶力低下はまったく違う!

まず最初に知っておいて欲しいことは、認知症の初期症状に物忘れや記憶力低下がありますが、認知症と更年期障害ではまったく異なる状態です。

更年期障害による症状は、

  • 今朝何を食べたのか、食事の内容を忘れる
  • 以前会ったことがある人の名前をすぐに思い出せない
  • 買い物リストを書いたメモを忘れる

認知症による症状は、

  • 朝ご飯を食べたかどうかを忘れる
  • 人に会ったかどうかもわすれてしまう
  • 買い物リストの存在すら忘れる

同じ物忘れや記憶力低下ですが、その重症さがまったく違うことが分かると思います。

更年期になって、物忘れや記憶力低下が起こったからといって、認知症であるとは限りませんし、認知症を併発するとも限らないんです。

認知症と更年期障害の物忘れが起こる原因とは?

認知症で物忘れや記憶力低下が起こるのは、老化や疾病などの影響で脳細胞が死亡し、脳機能が低下したり、鈍くなることで起こる症状。

記憶力や判断力、理解力などが著しく低下しますので、本格的に認知症を発症すると生活に支障をきたします。

更年期障害で物忘れや記憶力低下が起こるのは、女性ホルモンのエストロゲンの減少による、血流の悪化と脳神経伝達物質の分泌が低下し、記憶を司る海馬の機能に影響が出ている症状。

更年期に物忘れがひどくなったとしても、本格的な認知症になる人は、非常に稀な話ですが、女性の認知症患者は男性の3倍とも言われていますので、油断は禁物です。

ホルモン補充療法は認知症を遅らせるがデメリットもある

更年期障害の症状を緩和・改善したくて病院に行くと、ホルモン補充療法を勧められることが多いですが、これは一長一短のある治療方法。

ホルモン補充療法を行うと認知能力の低下を予防できるのではないかと言われており、実際の調査でも、更年期の中期から閉経前後までホルモン補充療法を受けると、認知症を発症するリスクは低下します。

女性ホルモンがしっかり分泌されていることで、脳の萎縮を予防できていることで、認知症を発症しにくいとも考えられています。

しかしホルモン補充療法には、心血管系のリスクや乳がんの発生率を高めるというリスクも指摘されており、一度開始すると数年に渡って治療を継続する必要もあるので、しっかり考えるべき治療法。

私はそれが嫌なので、ホルモン補充療法を選ばずに別の治療法を模索しました。

ビタミンEの摂取が認知量の予防・改善に役立つ

発見当時は不妊に役立つビタミンだと考えられていたビタミンEには、非常に優れ抗酸化作用があることがわかっており、老化や生活習慣病の予防、血流の改善効果があることもわかっています。

抗酸化作用があることで、活性酸素による酸化を予防できるので、認知症や心疾患、動脈硬化などの予防に非常に効果的だと考えられており、アメリカではビタミンEを使用した様々な治験が行われています。

ビタミンEはアルツハイマー病の発症を予防する

アルツハイマー病とは、認知症を引き起こす原因のひとつで、日本の認知症患者の6割がアルツハイマー病を発症していると言われています。

そのため、アルツハイマー病を予防することができれば、認知症を発症するリスクを低下させることに。

アメリカで行われた65歳以上の4740人を対処にした調査では、ビタミンEとビタミンCのサプリメントを摂取したグループのアルツハイマー病の発症リスクは約80%も低下。

ビタミンEの摂取で、アルツハイマー病以外にも神経の保護効果、白内障の発症予防効果なども報告されています。

ビタミンEがアルツハイマー病の進行を抑制する

すでにアルツハイマー病を発症している613名を対象に行われたアメリカの調査からも、ビタミンEの有効性が分かります。

軽度から中度のアルツハイマー病の患者を4つのグループに分けてその効果を調査、

  • ビタミンEだけを摂取するグループ
  • アルツハイマーの治療薬だけを摂取するグループ
  • ビタミンEとアルツハイマーの治療薬を摂取するグループ
  • プラセボ(偽薬)のみを摂取するグループ

その結果、最も進行を抑制できたのは、ビタミンEだけを摂取したグループ。

アルツハイマーの治療薬よりも、ビタミンE単体の効果が最も高いことがわかりました。

ビタミンEとアルツハイマーの治療薬を併用したグループは、お互いの効果を消してしまったことが考えられますので、ビタミンE単体の有効性の高さが非常によくわかります。

日本でも70歳以上の5500人の高齢者を対象にした調査で、17%の900人が記憶力や情報処理能力面から軽度認知障害の可能性がある事もわかっています。

健康意識の高い人でもこれだけ認知症の発症リスクがあることがわかっていますので、高齢者のビタミンEの摂取は、大腿骨骨折のリスクだけではなく認知症の予防にも効果的。

認知症は初期症状なら進行を食い止めることができる!

認知症の患者さんは初期症状のタイミングで、脳や体を意識的に活発に使うことで、その症状の進行を効果的に抑制できることがわかっています。

しかし先程の実験結果のように軽度の認知症を発症しているタイミングでは、自分の症状に気づいておらず、症状を改善・進行抑制できるタイミングを逃している可能性が高いんです。

だからこそ、60歳を過ぎたらビタミンEを積極的に摂取するとか、更年期障害の症状を感じたら、ビタミンEを積極的に摂取することで、少しでも健康寿命を維持することが大切。

多くの人が症状が出てから、改善方法を考えますが、今回の調査結果のように知らぬ間に症状が進行していることがほとんどです。

だからこそ、更年期以降は、自らの意思でビタミンEの積極的な摂取を推奨します。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

ゴナドトロピンは更年期障害の原因になる性腺刺激ホルモン?

ゴナドトロピンという性腺刺激ホルモンが、更年期障害の原因になっていると言われていますが、何のことなのでしょうか? ゴナドトロピンが更年…

40代前半の女性に多い更年期障害の初期症状と対処法とは?

日本人女性の場合、個人差はありますが40代前半になると徐々にプレ更年期の症状が出たり、閉経が近づくことで、更年期障害の症状が出始めます。 …

逆流性食道炎も更年期に多い症状のひとつ、原因はストレスかも?

逆流性食道炎も、更年期の世代に多い症状のひとつだということを知っていますか? 逆流性食道炎の原因は、ストレスや食生活によるものの影響を…

更年期になると女性の老化が急激に進む、その予防方法はないの?

更年期になると女性の老化が急激に進み始め、特に閉経後にはその速度が一気に早くなります。 なぜ更年期以降の女性は急激に老化するのか、予防…

大豆イソフラボンは女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分!

大豆イソフラボンは、女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分だと言われますが、摂取時の注意点などはないのでしょうか。 実際に大豆イソフ…

ビタミンEには更年期障害の症状緩和や改善に役立つ効能がある!

ビタミンEを摂取することで、女性の更年期障害の症状緩和や改善に役立つ効果や効能があるのを知っていますか? 実際にビタミンEを普段の食事…