更年期になると自律神経が乱れやすいのには、女性ならではの原因があるんです。

実際にどのようなことが原因で、自律神経が乱れ、様々な不調や症状を感じるのか。

自律神経を改善する方法には、どのようなものがあるのかをまとめて解説します。

更年期の自律神経の不調には、女性ホルモンが関係している

更年期障害の原因のひとつである自律神経の乱れ、その自律神経の乱れが起こる原因は、女性ホルモンのエストロゲンの減少。

女性ホルモンのエストロゲンと自律神経のバランスをとっているのが、脳の視床下部という同じ部分だからです。

更年期の女性の体では、視床下部からの女性ホルモンの分泌の指令である性腺刺激ホルモンが分泌されますが、卵巣機能が低下すると、その信号に正確に応えることが出来ません。

すでに機能低下が起こっている卵巣では、従来と同じ量のエストロゲンを分泌できずに、視床下部がどんどん性腺刺激ホルモンを分泌し、混乱し始めます。

その混乱は、視床下部の女性ホルモンのバランスを司る部分だけに留まらずに、自律神経を調整している部分にも波及します。

その結果、自律神経のバランスが乱れ、更年期障害特有の自律神経失調症のような症状を実感するようになります。

卵巣機能の低下は老化によるものなので、どんな女性にも必ず訪れますので、更年期障害とはうまく付き合っていくことが基本。

自律神経のが乱れることで、実際にどのような症状が起こるのかを簡単に紹介します。

ほてりやのぼせ、発汗などのホットフラッシュ

自律神経が乱れた更年期の女性が最も感じるのが、ほてりやのぼせ、発汗などのホットフラッシュと呼ばれる症状。

これは自律神経の乱れにより、血管の拡張や収縮がうまく行えなくなることで起こります。

不眠や夜中の目覚めなどの睡眠障害

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、睡眠にも影響が出ます。

特に寝付きが悪くなり、眠りが浅くなることで夜中に何度も目を覚ましたり、寝てもすぐに目覚めてしまうなどの症状が起こります。

睡眠障害が悪化すると、肉体的にも精神的にも悪影響が出ますので、しっかり寝られる努力が必要です。

めまいや立ちくらみなどの症状

急に立ち上がったり、方向転換したタイミングで、立ちくらみのような症状を感じるようになります。

めまいや立ちくらみも、ホットフラッシュ同様に血管の収縮や拡張がうまく行えなくなることで起こる症状。

頭痛や肩こりなど症状

頭痛や肩こりも更年期の女性に多い症状で、両方を併発する人も多いです。

更年期になると脳血管壁の収縮や痙攣が起こり、頭痛を誘発すると考えられています。

肩こりや首周りのコリも、自律神経の悪化による悪影響を受けて起こる症状ですので、血流改善が効果的な対処法。

更年期障害の原因になる自律神経を整える方法とは?

女性ホルモンのエストロゲンの減少をきっかけに、更年期の自律神経の乱れが起こりますが、その予防法がないわけではありません。

自律神経を普段から整える様な行動や生活習慣で過ごすことで、更年期の症状を緩和できたり、発生を抑制することもできます。

では実際にどのような方法を行えば、自律神経の乱れを抑制できるのかを紹介します。

自分のストレス状態をまずは自覚する

更年期になると、日常生活でも様々な場面でストレスを溜めてしまうような状況に直面します。

  • 家事や育児の問題
  • 仕事上の様々な問題
  • 親の介護や老後の問題
  • 慢性的な睡眠不足や不摂生

他にも様々なことをきっかけに、ストレスを感じるようになるでしょう。

でも自分のストレスについて、真剣に考えている人はあまりいませんし、ストレスと向き合うのがストレスだという人もいるでしょう。

しかしストレスは、自律神経の乱れを悪化させたり、ホルモンバランスの乱れを助長するもの。

ストレスまみれの生活よりも、ストレスを適度に発散している方が精神的にも肉体的にも良いことは間違いありません。

ストレスを意識しなくとも良いですが、ストレス発散をすることは意識的に行ってくださいね。

適度な運動を行い、自律神経を整える

適度な運動は、自律神経のバランスを整える際には非常に有効的。

激しい運動ではなく、少し汗をかく程度の身体があたたまる程度の運動で十分です。

運動不足やストレス過多の状態の人は身体を動かすことで、交感神経が落ち着いて、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

更年期の女性は筋力低下も起こりがちなので、適度な運動を行うことで、健康寿命を少しでも長くできるようにしましょう。

深呼吸や爪もみで副交感神経を優位にする

自律神経がしっかり働いているから、無意識に呼吸ができます。

呼吸の際の自律神経の働きは、

  • 交感神経→吸う
  • 副交感神経→吐く

なんです。

だからあなたが意識的に吐く、つまり深呼吸をすることで、呼吸がゆっくりになると自然と副交感神経を優位な状態にすることができます。

交感神経が優位になりがちですので、深呼吸をして呼吸を整えて、副交感神経が優位な状態になるようにしましょう。

深呼吸に合わせて、爪もみ療法も副交感神経を優位にできる方法。

爪もみとは、爪の生え際を揉むことで、自律神経のバランスが整うことが実証されている方法です。

深呼吸も爪もみもどこでも誰でもできる方法なので、ふとした瞬間やTVを見ながら行うことで、普段から副交感神経を使っていきましょう。

体を温めて自律神経を整える

自律神経が乱れると、血液が悪化して体が冷えてきます。

元々、女性の場合には男性よりも筋肉量が少ないこともあり、慢性的な冷え性を抱えている人も多いと思います。

冷えは自律神経の乱れを助長しますので、温活を意識するのも大切なこと。

  • お風呂にはゆっくり浸かる
  • 温かい飲み物を飲むようにする
  • 服装に気をつける
  • 寒い場所で過ごさないようにする
  • 寝室や睡眠中も暖かくする

などなど、できることは沢山ありますので、身体を冷やさずに温めることを意識的に行ってください。

その積み重ねがあなたの自律神経の乱れを解消してくれます。

このように自律神経を整える方法は沢山ありますので、できることから行ってみてください。

大切なことは、副交感神経が優位になるようなことを意識すること。

交感神経は簡単に優位になるので、副交感神経を優位にする行動や生活習慣で過ごすことで、自律神経のバランスを整えていきましょう。

更年期に多い女性特有の不調を医薬品で効果的に治療しませんか?

今すぐクリック→【まとめ】更年期障害は医薬品で症状や不調が改善!サプリメントは効果なし

ビタミンEの大量摂取が寝たきり予防に効果的!
→更年期障害の「骨粗鬆症による大腿骨骨折」に関する慶應義塾大学の研究発表と効果的な予防法は?

>>抗酸化作用が更年期のあなたを守る<<

天然ビタミンEを高配合なのに、980円からお試しできるコスパも魅力なトコフェロンEナチュールは医薬品だから、バッチリ抗酸化作用を実感できますよ!

天然ビタミンEのトコフェロンEナチュールの詳細を今すぐチェックする!

私もトコフェロンEナチュールで、更年期特有の血行障害による冷えや肩こりなどの症状が随分ラクになって、夜も快眠できて健康を取り戻せました!

更年期障害に対する知識を手に入れたい。

どう予防し、改善するのが良いのかを知りたいなら、医学博士のメール講座がおすすめかも!

→医学博士の21日間無料メール講座を購読する

あなたの健康をサポートしてくれる情報が手に入りますし、健康に対する考え方が変わるかも。

関連記事

トコフェロンEナチュールのビタミンEが更年期障害に効果的?

薬日堂の天然ビタミンE配合の医薬品である、トコフェロンEナチュールのが更年期障害に効果的だと評判です。 実際にトコフェロンEナチュール…

逆流性食道炎も更年期に多い症状のひとつ、原因はストレスかも?

逆流性食道炎も、更年期の世代に多い症状のひとつだということを知っていますか? 逆流性食道炎の原因は、ストレスや食生活によるものの影響を…

ゴナドトロピンは更年期障害の原因になる性腺刺激ホルモン?

ゴナドトロピンという性腺刺激ホルモンが、更年期障害の原因になっていると言われていますが、何のことなのでしょうか? ゴナドトロピンが更年…

血液検査(女性ホルモン検査)で更年期障害の状態がわかるの?

更年期障害の状態を調べるために行う血液検査(女性ホルモン検査)で、実際に何が分かるのかを解説します。 更年期の不調を感じて病院に行くと…

大豆イソフラボンは女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分!

大豆イソフラボンは、女性の更年期障害の症状改善に効果的な成分だと言われますが、摂取時の注意点などはないのでしょうか。 実際に大豆イソフ…

いつまで更年期障害の症状が続くのかという疑問には答えがない!

いつまで更年期障害の症状が続くのか?と疑問に感じている人がいますが、実は明確な答えがないなんです。 更年期障害で起こる様々な不調には個…