更年期になると、エストロゲンが減少してホルモンバランスが悪化したり、自律神経が乱れて冷えやのぼせなど、様々な不調や症状を実感します。

ホルモン分泌の影響を受ける更年期障害なので、完全に避けることは出来ませんが、その症状を緩和することは可能。

更年期障害を発症するのは、日本人女性なら45〜55歳のタイミングで、実際に75%の人が心身の不調を訴え、治療が必要なほどの症状を発症する人が20〜30%もいるそうです。

治療が必要な人がそんなにいるのも驚きですが、75%もの人に不調が出るなら、やはりその症状は最小限にしたいもの。

最近は、30〜40歳でもプレ更年期という症状が出たり、男性でも更年期障害のような男性更年期を障害を発症する人もいるほど、症状が多様化しています。

その結果、更年期障害に効果的だと、HRT(ホルモン補充療法)薬、漢方薬、サプリメント、抗うつ剤や抗不安剤などを使って治療を行っていますが、どれも副作用や気になる点がある。

私はその点が、凄く気になっていました。

更年期障害特有の不調も出始めていたタイミング、実際にどんな治療方法があって、どんな効果や副作用があるのか、凄く調べていたんです。

その時に私が目にしたフレーズ、「抗酸化作用が人体で証明されたのは、ビタミンEとセサミンだけしかない。」というもの。

さらに慶應義塾大学のビタミンEが、更年期障害の骨粗鬆症による大腿骨骨折のリスクを減少させる可能性があるというニュース。

ビタミンEの抗酸化作用は、更年期障害の予防に効果的!

このふたつの成分について詳しく調べてみると、ビタミンEは医薬品が販売されており、セサミンは医薬品がない。

医薬品とサプリメントの違いを知っていますか?

  • 医薬品とは、効果や効能が実証されているもの。
  • サプリメントとは、不足する栄養素を補うもの。

本気で症状を改善したいなら、サプリメントではなく、医薬品を選ぶべきだと思いませんか?

更年期障害は75%の女性に起こるものですので、原因に作用する成分が含まれていないと意味がないと私は考えます。

さらに、ビタミンEについて調べていくと・・3種類に分類されることがわかりました。

  • 合成ビタミンE(dl-a-トコフェロール)
  • 天然型ビタミンE(酢酸d-a-トコフェロール)
  • 天然ビタミンE(d-a-トコフェロール)

抗酸化作用は、天然ビタミンEしか効果的に作用しない!

天然ビタミンEのd-a-トコフェロールと合成ビタミンEのdl-a-トコフェロールの違いは、ビタミンEの安定化のために、水酸基などの安定物質を合成したもの。

合成ビタミンEでは、体内での優れた抗酸化作用は期待できません。ビタミンEの抗酸化作用を実感するには、天然ビタミンEであることが基本。

抗酸化作用が働く部分に酢酸が結合している天然型ビタミンEも、抗酸化作用が弱いと言われています。

ビタミンEの生理活性を数値化したデータがあるので紹介すると・・・

  • 天然ビタミンEの効果を100と定義
  • 天然型ビタミンEの効果は91程度
  • 合成ビタミンEの効果は74程度

ビタミンEに関しては、摂取後6時間程度で血中濃度が急激に上昇し、ピーク時の血中濃度は、天然ビタミンEの方が優れていることも、その効果が長時間続くこともわかっています。

  • 天然ビタミンEの血中濃度のピークは24時間後
  • 合成ビタミンEの血中濃度のピークは12時間後

天然ビタミンEで医薬品はないのか?

そのような商品なら、副作用が起こりにくく、抗酸化作用をしっかり実感できるのではないか?

普段からあまり薬を飲みたくない私にとって、天然ビタミンEという成分に希望を感じて、実際にどんな商品があるのか調べまくりました。

そこでようやく見つけたのが、天然ビタミンEを主成分にしている医薬品のトコフェロンEナチュール

更年期障害に薬日堂のトコフェロンEナチュール!

トコフェロンEナチュールは、天然ビタミンEを300㎎と自律神経の安定作用のあるγ-オリザノールを10㎎。有効成分のW配合で、更年期特有の諸症状を改善することが目的。

トコフェロンEナチュールなら、抗酸化作用が高い天然ビタミンEを効率的に摂取できます。

だから私も早速、トコフェロンEナチュールを購入してみました。

医薬品のトコフェロンEナチュールを購入

ここからは、私が購入したトコフェロンEナチュールについて、簡単なレビューを紹介します。

こんな感じの箱に入って届きます。「笑顔と笑顔のハーモニー 薬日堂」と書かれていますので、更年期障害を改善して、笑顔になりたいです。

箱を開けるとこんな感じで、「ごあいさつ文」や商品説明のパンフレットが見えます。トコフェロンEナチュールは、その下に隠されています。

トコフェロンEナチュールの箱に入っているのは、こんな感じセットです。トコフェロンEナチュール本体と4つの資料とはがき1枚です。

そして、これがトコフェロンEナチュールの本体をさらに小箱から出したところです。落ち着いた色味に対して、ゴールドのキャップと錠剤の色がいい感じです。

個人的に気に入ったのがこの部分。乾燥剤が蓋に入っているので、間違って誤飲したり、取り出す際に邪魔になったりしません。これは結構うれしいポイントかも。

これが、トコフェロンEナチュールの錠剤本体。きれいな色です。1日2〜3粒を分けて飲むと良いらしいです。

効果・効能もしっかり書かれています。これらの効果が期待できるトコフェロンEナチュールなら、更年期特有の様々なトラブルを解決できそうですね。

トコフェロンEナチュールの効果や効能とは?

トコフェロンEナチュールは医薬品、だから効果や効能が明確です。

実際にパッケージに書かれているのが、下記の効果と効能。これらの効果や効能で更年期特有の症状や女性独特のトラブルに効果が期待できます。

最近は妊活や不妊治療にビタミンEを処方する病院があるようなので、そういった活用方法もありなのかもしれません。

  • 末梢血行障害による次の諸症状の緩和

肩・首すじのこり、手足のしびれ、冷え、しもやけ

  • 更年期における次の諸症状の緩和

肩・首すじのこり、手足のしびれ、のぼせ

  • 月経不順

「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師にご相談ください。」

  • 次の場合のビタミンEの補給

老年期

他にも説明書にどのような記載があるのかも紹介しておきます。

「トコフェロンEナチュールは、血行を良くして体のすみずみに酸素と栄養素を提供し、肩・首筋のこりや手足のしびれ・冷えなどによく効く医薬品です。

またホルモンバランスを整え、更年期の諸症状や月経不順にも効果を発揮します。

ビタミンEには、合成されたものや天然型がありますが、本品は吸収にすぐれ、生体内での利用効力が高い天然ビタミンEを使用し、自律神経を安定させる作用があるγ-オリザノールを配合しました。

末梢血行障害やホルモンバランスの乱れによる諸症状の改善に、また体内脂肪が酸化されやすい更年期のビタミンE補給に、トコフェロンEナチュールが効果的です。」

この文面を読むだけでも、非常に期待ができる医薬品だという事がわかります。

天然ビタミンEが更年期に効果的、トコフェロンEナチュールを今すぐチェックする!

トコフェロンEナチュールの危険性や副作用、デメリットはないの?

医薬品だということは、副作用や危険性があるのではないか?

しかも水様性ビタミンではない、脂溶性ビタミンであるビタミンEは、過剰摂取が問題になることも指摘されています。

まず、トコフェロンEナチュールの副作用を紹介すると・・・

  • 皮膚に発疹・発赤、かゆみがでることがある
  • 胃に不快感を感じることがある
  • 便秘や下痢になることがある

上のふたつが副作用で、便秘や下痢は起こり得る症状だということですが、そこまで重篤な症状ではありません。

ビタミンEの過剰摂取による悪影響については、脂溶性ビタミンの中でも特殊な性質があることで、健康被害が起こりにくいと考えられています。

ビタミンEには摂取量が増えると、吸収率が低下する性質があります。(他の脂溶性ビタミンは吸収率が一定。)

さらに多くの過剰な栄養素は肝臓に蓄積されますが、ビタミンEは肝臓以外の全身に蓄積され、1箇所の濃度が低くなることもあり、過剰摂取しても健康に影響が出にくいんです。

これが全く知らなかった話ですが、ビタミンEは、かなり賢い栄養成分だということがわかります。

トコフェロンEナチュールの販売店情報。薬局やドラッグストアでも購入できる?

トコフェロンEナチュールを購入する際に、薬局やドラッグストア、楽天やAmazonなどで探してみましたが、店頭では見つけることができませんでした。

薬局で薬剤師さんに聞いても、ビタミンEはあるけど、トコフェロンEナチュールはないと言われてしまって・・・。

どこで購入できるのか?どうやら、第3類医薬品のトコフェロンEナチュールは、公式サイトでのインターネットか通販だけで販売を行っているんです。

簡単に購入できるのは、株式会社 薬日堂の公式サイト。

トコフェロンEナチュールの最安値は?最もお得に購入できる方法を紹介!

トコフェロンEナチュールを購入する方法は、下記4つです。

  • 公式サイトでの通販
  • 電話での通販
  • FAXでの通販
  • はがきでの通販

この中でも、はじめての人が手でも手軽に購入でき、最安値でトコフェロンEナチュールが手に入るのは、薬日堂の公式サイト。

実は公式サイトには、「毎月300名限定! トライアルコース」があるんです。

通常料金3,888円(税込み)+300円(送料)のトコフェロンEナチュールが、初回限定980円(税込み)+300円(送料)で購入できる。

1280円だけで購入できるので、通常購入よりも2,908円もお得に!

これなら公式サイト以外で、トコフェロンEナチュールを購入するメリットはありませんよね。

トコフェロンEナチュールのトライアルコースの特徴とは?

トコフェロンEナチュールを最安値で購入できるトライアルコースですが、実はこのトライアルコースとは、定期コースのこと。

何もしなければ、毎月定期的に商品が届く仕組みになっていますが、メリットもデメリットもあるので、実際にどうなのかを紹介します。

トライアルコースのメリットとは?

トコフェロンEナチュールをトライアルコースで購入するメリットは、

  • 最安値で購入できる
  • 2回目以降も10%オフで購入できる
  • 3回継続で特典がもらえる
  • お休み制度で変更や休止ができる
  • 発送希望日を選べる
  • 2本コースなら、送料無料
  • 縛りがないので、すぐに解約できる
  • 電話1本で解約可能

トライアルコースのデメリットとは?

トコフェロンEナチュールをトライアルコースで購入するデメリットは、

  • 解約しないと毎月届く

これくらいしかないんです。だから我が家はトライアルコースで始めて、現在は2ヶ月に2本コースで送料無料にしてもらっています。

この購入方法が、実は本当の最安値で購入できる方法。送料分の600円がお得になりますよ。

トコフェロンEナチュールの口コミや評判、実際の評価とは?

トコフェロンEナチュールの口コミや評判、実際の評価はどんな感じなのか気になりますよね。

そこで実際に購入して、トコフェロンEナチュールを飲んだ方がどんな効果を実感したのか、良い口コミなのか、悪い口コミなのか。

気になる実際に愛用している人のレビューや評価を紹介します。

・更年期の年齢になってから、ずっとトコフェロンEナチュールを飲んでいます。

そのおかげか、ひどい症状になることもなく、逆に飲まなくなると、肩こりや腰痛がひどくなるので、飲み続けない理由がないです。

しかも健康効果だけではなく、美容面でも効果があるらしく、美しくいたい女性にはありがたい商品です。

・飲み始めた当初はあまり効果を感じなかったのですが、娘の勧めだったこともあり、1ヶ月は我慢して飲むことに。

1ヶ月を迎える頃には、痛くてどうにもならなかった肩こりがだいぶ楽になり、日常生活の悩みがひとつ改善されて気分も明るくなりましたので、効果があったのだと思います。

・冷え性や、ランナーに多いケガのシンスプリントに効くとネットで見つけ、迷わずに即購入。

実際に効果があったのは冷え性の改善。いつも冷たい手足が気づいたら、ちょっと改善してるかも・・・というじわっとした効き方です。

ビタミンEには、ホルモンバランスを整える効果もあるらしく、毎月遅れがちな生理が周期通りに来たのには、私が本当にびっくり。

若返りビタミンのビタミンEの効果で、細胞のサビつきを抗酸化作用で改善したいので、しばらくはリピしたいと思います。

・若い頃から冷え性に悩まされていたのに、更年期になってからその症状がさらに悪化。

何をしても改善しなかった冷え性の症状が、トコフェロンEナチュールを飲み始めてからかなり良くなって本当に驚いています。

生理前の不快感やイライラがなくなり、生理痛も軽くなるなど非常にうれしい効果も。ホルモンバランスの変動に振り回されていた日々がウソのようです。

・冷え性や肩こり、手足のしびれに効果的だということで、冷え性改善効果を目指して飲み始めました。

実際にトコフェロンEナチュールを飲んでから、冷え性の症状が完全して、寒い冬は着込みますが、靴下を履かないと寝れないということがなくなりました。

冷え性には効果あり・・・って感じで、凄くうれしいです。

・仕事のストレスがひどく、その影響で生理は毎月遅れがち。トコフェロンEナチュールを飲むようになってからは、生理不順もなくなりました。

でも効果が出るのは、1〜2ヶ月よりももう少しかかると思いますよ。

・冬になると、家事の影響でできる手のしもやけに悩んでいましたが、トコフェロンEナチュールを飲むようになってからは、本当に家事が楽になりました。

口コミでも高評価、天然ビタミンE配合のトコフェロンEナチュールを今すぐチェック!

トコフェロンEナチュールをおすすめする理由とは?

トコフェロンEナチュールには、様々な効果を実感する口コミがありましたよね。

ビタミンEの別名は、若返りビタミンとか、子宝ビタミンとか色々言われていますが、天然食材にも含まれているなら、普段の食事で摂取すれば良いのでは?

と思う人もいるかもしれません。

ビタミンEの1日の摂取目安量は、成人なら7〜8mgで上限量は800mgです。

7㎎のビタミンEを摂取するためには、ほうれん草2束や、かぼちゃ1/4個を食べるだけで良いんです。

しかし、問題はビタミンEの効果を得るために必要な量です。

ビタミンEの効果を実感するためには最低でも100㎎、健康効果を得るには300㎎が必要だと言われています。

100㎎のビタミンEを食事で摂取するには・・・

  • うなぎの蒲焼12枚
  • いくら1.1kg
  • とうもろこし57本
  • 西洋かぼちゃ1.1個

これだけ大量に食べてもわずか100㎎ですので、300㎎ならさらに3倍の量を食べる必要があります。

これだけ大量の食品を毎日食べ続けるのはムリ。

だから天然ビタミンEを1粒に高含有しているトコフェロンEナチュールをおすすめしています。

更年期障害のHRT薬や漢方薬、サプリメントはどうなのか?

更年期障害を改善する為には、医薬品を用いる方法だけではなく、ホルモン治療や漢方薬、サプリメントなどの方法もあります。

ホルモン剤や副作用が好きではない私が選んだのが、トコフェロンEナチュールですが、実際にどのような効果や副作用があるのか、ここで一旦説明したいと思います。

様々な治療法や改善方法を知ることで、実際にどの方法を選ぶのがあなたに合っているのかがわかると思います。

更年期の治療法、HRT薬(ホルモン補充薬)の効果と副作用

女性ホルモンを補う卵胞ホルモン薬を使った治療法。のぼせや発汗などにも効果が高く、服用を継続すると骨粗しょう症の改善も見込める方法です。

女性ホルモンの急激な減少が始まっている女性に効果的だと考えられています。

実際に処方されるのは、錠剤・塗り薬・貼り薬の3タイプ

  • 錠剤:プレマリン・リノラル
  • 塗り薬:プレマリンクリーム・オエストロジェル
  • 貼り薬:エストラーナテープ(エストラジオ―ル)

しかし、HRT薬の副作用として、不正出血に乳房のハリや痛み、吐き気などが起こりやすいので、頻度や量を調整して副作用を抑制します。

エストロゲンだけを長期に投与すると、子宮内膜が厚くなり続け、子宮体がんを発症するリスクが高まるので、黄体ホルモンのプロゲステロンを同時に処方し調整します。

更年期の治療法、漢方薬の効果と副作用

薬よりも副作用が少ないと人気なのが、東洋医学の漢方薬。

数種類の生薬を組み合わせることで、薬効作用を増強させて体質の改善を促進することで、更年期障害の症状緩和を目指します。

ホルモン補充療法が使用できない場合や、更年期障害の症状が多い場合に、選択されることが多い方法。

更年期障害の症状を減少させながら、女性ホルモンの減少にも耐えられる体作りをするのが目的です。

実際に更年期障害で処方される漢方薬には、

  • 加味逍遙散(かみしょうようさん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 女神散(にょしんさん)

市販薬でも漢方が配合されているものがあり、

  • 命の母ホワイト(小林製薬)→自律神経のバランスを整える
  • 桂枝茯苓丸(ツムラ)→足腰の冷えやのぼせの改善
  • ルビーナめぐり(武田薬品)→貧血や冷え性の改善

漢方薬は副作用が少なく症状を改善できると考えられていますが、自律神経のバランスを整える加味逍遙散には、むくみや高血圧を引き起こす可能性もあります。

その原因は原材料の甘草で、実は漢方薬の7割に甘草が含有。

甘草の主成分のグリチルリチンを過剰摂取は、血圧上昇、血清カリウムの低下などの副作用も報告されていますので、飲み合わせや飲む量も自己判断をしない方が良いでしょう。

更年期の治療法、抗うつ剤や抗不安剤の効果と副作用

私が最も飲みたくないのが、抗うつ剤や抗不安剤

更年期障害が悪化すると、うつ状態になったり、精神神経症状が出ることで、専門のカウンセラーによるカウンセリングと併用して、抗うつ剤などが処方されることがあるんです。

  • 抗うつ剤:パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)
  • 抗不安剤:デパス(エチゾラム)
  • 睡眠導入剤:ルネスタ(エスゾピクロン)、アモバン(ゾピクロン)

抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤の副作用は、眠気や倦怠感、口の渇きや頭痛などの症状を感じ、依存症になってしまう可能性も。

もしそうなったら、更年期障害の改善どころの話ではありませんので、これだけは避けたいところですが、実際に処方されている人もいるのが事実です。

適量を守ること、必要以上に頼りきらないことで、依存症や副作用の軽減を目指すのが一番だと思います。

更年期の治療法、サプリメントの効果と副作用

ホルモンバランスを整えたり、体調を見直す目的で、サプリメントを活用する人も増えています。

サプリメントなら、自己判断で手軽に購入できること、効果効能が期待できると様々なサプリメントが販売されていることも購入者が多い理由。

でもサプリメントは、効果効能が実証されていないもので、可能性があるとか、そういう症状を感じた人がいるとか、そう考えられるというレベルのものです。

医薬品とはことなるので、薬事法で効果効能を伝えられないことが定められています。

薬事法は、「医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律」に名称が変更され、「薬機法」とも呼ばれています。

ホルモンバランスの変調によるストレスで、心身の悪循環を迎えてしまうのが更年期障害。

この悪循環を食い止めるためには、食生活の見直しを計り、ビタミン・ミネラルなどの調和をとった食事により、栄養をしっかりと摂るのも極めて重要です。

更年期障害に効果があると言われているサプリメントの成分は、

  • ローヤルゼリー
  • プラセンタ
  • 大豆イソフラボン
  • マカ・高麗人参

医薬品と違い、効果や効能が実証されていないサプリメントですが、副作用があることは報告されています。

プラセンタの場合、生理の時期が早まったり、出血量が多くなることもあるそうですし、ローヤルゼリーでは、アレルギー症状が出る人がいるのだとか。

サプリメントは健康補助食品なので、重篤な副作用がないことは確認されていますが、体によいと言われているだけの成分なので、効果については私はなんとも言えません。

私の考える更年期障害の改善方法がビタミンE!

更年期障害も悪化すると、医療機関でのホルモン療法や治療なども必要になると思いますが、早い段階で体の内側から改善することで、症状の重症化を防げると思っています。

実際に治療が必要なのは、20〜30%の人。

だからそうなる前に、体内での抗酸化作用が認められているビタミンEをしっかり摂取することが、良いのではないかと考えます。

ビタミンEの効能は、

  • 優れた抗酸化作用で老化防止
  • 生活習慣病の予防・改善効果
  • 血流をスムーズに改善する効果
  • 肌荒れの予防や改善、美肌効果
  • 生殖機能を維持する効果

どれも更年期を迎える頃の女性が、特に気になることばかりだと思いませんか?

これらを根本から改善してくれるのがビタミンEです。しかも天然ビタミンEの吸収率と効果の高さはすでに紹介した通り。

最も根本的な原因から改善してくれるはずなので、私はホルモン療法や漢方薬、サプリメントよりも天然ビタミンEの効果に期待しているんです。

実際にトコフェロンEナチュールを飲んで、冷え性の症状も改善されたし、生理痛も緩和されているので、このまま飲み続けて、症状を悪化させずに過ごしたいと思っています。

天然ビタミンEが更年期に効果的、トコフェロンEナチュールの詳細を今すぐにチェックする

もしあなたがすでに漢方薬やサプリメントで更年期障害のケアを行っている場合でも、ビタミンEなら併用して飲んでも、健康への影響もありません。

しかも気軽に試せる価格なので、まずは1ヶ月飲んでみると良いと思います。